語源を辿ると面白い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、言葉と言うジャンルがあり、更に「語源」の分類もありました。

最近のバラエティー番組では、クイズの形式を取った作品が各局で競い合っています。

多くは知識人物知り芸能人お笑いタレントなどを揃え、問題に特色を持たせて差別化を図っています。

中に日本語の語源を辿って、アレコレ推理する番組があり、何週間もこのスタイルを続けていました。

言葉には、常に発生した理由が有る訳で、それを知るのも知識欲を掻き立てる面白さが覗えます。

20年~30年前に制作された我々の番組でも、語源に焦点を絞った問題は多数出題されていました。

「日本語教育能力...」の画像検索結果

例えば、第12回の東京ドームの1次予選でも次のような問題が出されていました。

問・仏教では、修行の邪魔をする悪魔を「邪魔」という。〇か✖か?

答・〇

解説 日本語で邪魔と言えば「うっとうしい」「余計なもの」「障害物」などの時に使われます。

また、お」を加え「おじゃまをする」は他家を訪問する時などに使う丁寧語でもあります。

この邪魔の語源を辿ると、実は「悪魔」の名前だったので、これは面白い発見と言えるでしょう。

日本語には、中国から伝来した言葉も多いし、仏教を語源にしたものも多数あります。

語源の辞典によれば、仏教修行の妨げをする悪魔を、邪魔と呼んだそうです。

日本語でも「お邪魔虫」と呼んでいる、余計な者と同義語に近いですね。

一つの単語が、「余計な者」或いは「丁寧語」であったり、対極の意味を持つ場合があります。

この様に日本語は難解で、だからクイズが成り立っているのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>