歴史の真実性とは?

アメリカ横断ウルトラクイズの問題には、日本、外国を問わず歴史に関する問題が多数出されていました。

我々は、歴史問題に関しては正解の裏を取る作業に、必要以上の神経を使っていたのです。

何故なら、歴史問題は時の権力者が、都合の良いように捏造している事が多く、史実を素直に信用出来ないという性質を持っているのです。

その意味では、私は最近話題になっている著作を読んで大きなショックを受けました。

「明治維新という過ち」日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト(原田伊織・著)です。

大変刺激的なタイトルに魅かれて一読したのですが、この作品は著者の偏見でも、独断でも無いようなのです。

何故なら、日本各地に存在する郷土史研究家の著作を綿密に調査、或は各地の古老や伝説を丁寧に取材しているのです。

こうした著者の努力が、文面を通じて感じられ、我々の知っている近代史に疑問を投げかけています。

と、なると私達が学んで知っている、明治維新の真実はどうなってしまいうのでしょうか?

吉田松陰は神となって、神社に祀られていますが、単なるテロリストだった、となると頭が混乱しそうです。

「松陰神社」の画像検索結果

坂本龍馬も創られた偶像で、実態は単に目先の利く武器商人だったとは、信じがたい説です。

それはさて置き、第4回のグアムで次のような歴史関連の問題がありました。

問・天照大神は、イザナミノミコトの子供である。〇か✖か?

答・〇

解説 天照大神は日本神話の最高神の伊弉諾、伊弉冉の子供で、親神の命で高天原を統治した女神です。

この事実は、日本神話の中で、昔から日本民族に伝えられた話なので、異論の入り込む余地はありません。

しかし、時の権力者によって捏造された歴史は、歴史学者によって異説が唱えられる事もあり、真実は判明し難いという性質があります。

例えば、近代史の場合、大河ドラマが真実を描いているような錯覚を覚えますが、実は誰かの小説を原作に描いた物語だ、という事です。

フィクションであり、作者の創造物なのに、人々は真実の歴史と勘違いしてしまうのです。

特に、江戸末期から明治維新にかけては、司馬遼太郎氏の小説がベースになる事が多いので、錯覚してしまうのでしょう。

日本人には司馬氏のファンが多いので、それも仕方の無い現実でしょうね。

クイズで歴史を考える場合、物語と真実の歴史を混同しない、疑って見るのが賢明かも知れませんね。

原田伊織氏の著作「明治維新という過ち」を読んで、歴史感にショックを受けた本日の読後感でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>