海外旅行人気の変遷

アメリカ横断ウルトラクイズの問題は、時代によって正解が変化する事があります。

例えば、毎年新しい統計が発表されるような場合、新しい数字が正解になるのは当然の理ですね。

海外旅行の行きたい国も、毎年変化する代表的な例と言えるでしょう。

ウルトラクイズが始まった時代は、何と言ってもアメリカが憧れの国のトップでした。

その辺りの変遷を、クイズ問題から振り返って見るのも面白いと思います。

第14回の平成3年。今から26年前には、どのような国が人気の国だったのでしょうか?

タヒチで、次のような問題が出されていました。

問・相変わらずの海外旅行ブーム。去年、海外旅行の行先トップとなった国は?

答・アメリカ

解説 行きたい場所のランク。グアム、ハワイ、西海岸などを含めアメリカが人気の第1位でした。

因みに2位は韓国、3位は台湾が当時の日本人の行きたい場所のベスト3でした。

さて、26年後の現在はどの様な場所が人気の海外なのでしょうか?

インターネット、トラベルコちゃんの検索(春の編)では第1位ソウル(韓国)、2位グアム(米国)、3位台北(台湾)の順になっていました

韓国ドラマの視聴率が健闘しているのも、人気の源泉かも知れませんね。

でも、これは北朝鮮問題が起こる前のデーターで、現在はソウルは危険な場所、との風説が流れました。

従って、ゴールデン・ウイークには韓国行きをキャンセルした人も多く、数値は変化しています。

「海外旅行」の画像検索結果

間もなく、今年のゴールデン・ウイークの海外旅行者の数字が発表になる事でしょう。

政府の発表では、景気が低迷とは言いながら、年々増え続ける海外旅行者の数。

まだまだ庶民の余裕はたっぷり。日本は平和国家なのですね。

 

「海外旅行人気の変遷」への2件のフィードバック

  1. 私は海外旅行未経験ですが、最初はグァムと決めてます。もちろんウルトラクイズの影響ですね(笑)

    1. グアムは一番近いアメリカですから、最初の海外旅行には良いですね。
      海外には新しい発見が色々ありますので、大いに楽しんでください。

くろ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>