憲法について考える

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、日本の法律に関する知識も時々出題されていました。

法律の中でも、最も重要なのは、憲法に関する知識でしょうね。

自衛隊は合憲か? はたまた憲法違反か? 永く論じられてきた問題ですが、決着は付きません。

最近は、憲法改正の議論が盛んで、オリンピックの年までに改正する、など国会の動きが連日ニュースになっています。

ウルトラ・クイズでは、憲法の基本的な問題が第7回のボストンで出題されていました。

問・日本国憲法を、公布した時の総理大臣はだれ?

答・吉田茂

解説 5月3日は憲法記念日。毎年、記念日に報じられている基礎的知識は、以下の通りです。

昭和21年11月3日に交付、翌22年5月3日に施行。時の総理大臣は吉田茂です。

彼は終戦の翌年、21年5月に第1次吉田内閣を組織、前後5期7年2カ月にわたり、戦後の復興に貢献しました。

エピソードは豊富で、ワンマン宰相「バカヤロー解散」など数えきれない足跡を残しています。

「吉田茂 バカヤ...」の画像検索結果

戦後の日本を代表する政治家で、89歳で没した際には政治家で「国葬」となった初の人物でした。

さて、戦後の憲法は占領軍マッカーサー元帥の思惑で創られ、米国の「押し付け憲法」と評されていました。

従って、憲法改正の動きは何度となく起こりましたが、国会の承認が難しく、挫折を繰り返しています。

しかし、現在は与党の力が強いので、この機に改正へ突き進もうと躍起になっているようですが、結果は? はてなマークです。

選挙が絡んだ、議員センセイの綱引き!

「手の平音頭」がお得意芸の、議員センセイ、今度はどの方向に踊るのでしょうか?

「盆踊り」の画像検索結果

さあ、勝つのは右寄りか、左寄りか、勝負の行方は? 日本国民の楽しみの一つ国会劇場」の開幕です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>