プロ・スポーツの歴史は面白い

 

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題にはスポーツ関連の設問が多数ありました。

プロ・スポーツの人気は、何と言っても野球が第1の時代が永く続いていました。

現代では、サッカー、バスケットボールなど、多種目に増えています。

でも、当時は野球が一番人気、その中心は巨人軍で、その代表的な表現が、巨人、大鵬、卵焼き。子供達の大好きなベスト3でした。

昭和時代の流行語大賞となり、以来毎年流行語大賞が選ばれるようになったくらいです。

野球=巨人軍と言う訳でありませんが、でも、プロ野球の問題では圧倒的に多いのが、巨人関連の問題でした。

それだけに、巨人軍の歴史を見ると、クイズ問題になり易い記録が多いのも現実です。

第13回のブルーマウンテンで、ステレオ2重音声クイズで、次の問題がありました。

問・昭和9年に結成された「大日本東京野球倶楽部」。現在のどのチーム?

答・東京読売ジャイアンツ(巨人軍)

解説 プロ野球の歴史を見ると、産みの親は読売新聞社長だった正力松太郎氏。

1934年、千葉県の谷津球場に日米野球に参加した選手が集められ、大日本東京野球倶楽部が誕生しました。

現在も、習志野市谷津バラ園公園に「巨人軍発祥の地」の記念碑が建っています。

その後、S11年に日本プロ野球連盟が結成され、第1号チームとして巨人軍が誕生したのです。

正力松太郎氏の言葉、「巨人の選手は常に紳士たれ!」の中には、テレビ出演や移動の際はスーツにネクタイ着用が義務付けられていました。

人気チームだけに、常に青少年の憧れの視線が有り、手本になる気品が必要との教えでした。

有名なスター選手と言えども、後輩に荷物を持たせるなどはご法度、も面白い例の一つです。

中には、茶髪や鬚など、規律に違反する選手もいましたが、その都度先輩の指導で矯正されていたようです。

巨人の歴史に限らず、各チームの歴史を調べると、選手の記録に限らず、思わぬエピソードが転がっています。

勿論、面白い話はクイズ問題として、取り上げられるのでスポーツ・チームの歴史は見逃せません。

本日の裏話は、クイズ問題の宝庫のご紹介でした。

 

「プロ・スポーツの歴史は面白い」への3件のフィードバック

  1. そんな巨人軍といえば、今シーズン球団ワースト13連敗をきっしBクラスに低迷中。
    その陰で、同じ東京を本拠地とするヤクルトも10連敗を2度もくらう泥沼状態…
    16回の年に優勝したハズなのに、仕事休みたい気分…

    といった中、明るい話題として歴史あるスポーツイベントで“快挙達成”ありましたよね!

    8回③のCS初放送があった直後、
    その時に訪れた第9CP・インディアナポリスで毎年開催される「インディ500」。
    (ウルトラファンなら、ラス抜け争いした2人が4年後(12回)はアラスカ鉄道まで…)

    最初のマラソン(ジョギング)Qが行われたあのレース場で、
    元F1ドライバーの佐藤琢磨選手が日本人初の優勝を成し遂げましたよね!

    15回・ロスで出題、
    91年にヒロ松下選手が日本人初の出場してから四半世紀が経ち、
    このタイミングでこんな嬉しい事が起こるとは…藤井四段だけではないですよねぇ!

    しかし、偶然はこれだけではなかったのです!

    自分と同学年の琢磨選手は1月28日生まれ、
    実は33年前に(冒頭で)先導車を運転していた福留さんと同じなのです!

    その他に、新庄剛志さん・乙葉さんに“恋ダンス”で一躍時の人となった星野源さんなど“個性的・多才”な方々も1月28日に生まれています。

    今週末(7月15日)にBSでレースの模様を改めて放送、
    33年前と今のレース場(舗装や電光→LEDなど)を見比べながら、
    12回・ゲインズビル出題の牛乳を飲む瞬間を味わってみてください!

  2. 一視聴者の私からすれば巨人関連の問題が多かったのは、他でもないウルトラクイズを放送しているのが巨人主催試合を放映していた日本テレビだったからという事情もあると考えています。
    ちなみにこの13回の問題は解答者が「巨人ジャイアンツ」と答えていた(厳密に言えば不正解かもしれませんが、正解と判定)のを覚えています。

    1. 厳密には、確かに不正解かも知れません。
      でも、他の球団を挙げた訳ではないし、巨人軍と解っているのですから、良いだろうと審査委員会では判定したのです。
      多勢を落とす○×クイズではこうしたあいまいな判定は有りえないと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>