日本人のイメージが変化?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、話のタネになる面白い情報が数多くありました。

例えば日本人のイメージですが、昔は男なら眼鏡をかけ、首からカメラをぶら下げているのが日本人の代表的なマンガでした。

実際にそのイメージが日本人の姿なのか? これを問う問題が第10回の後楽園球場で出されていました。

問・二〇(はたち)を過ぎた日本人の半分以上がメガネやコンタクトレンズをしている。〇か✖か?

答・✖

解説 昭和61年の統計では、20歳以上のメガネやコンタクトレンズの使用者は48・3%でした。

正解に近いのですが、50%以上でなければ、正解とは判定出来ません。

当時は成人の半分近くが、メガネやコンタクトの使用者で、日本人のイメージとなっていたのです。

では、メガネの使用率の現在はどうなのでしょうか?

第1位は中国、2位が韓国、次いで日本の順になっており何れも東洋人が上位を占めています。

原因は細かい文字、漢字を勉強するために、視力が落ちるとの説があるようです。

また、中国、韓国、日本共に受験戦争が激しい国なので弱年層の勉強のし過ぎとの意見もあるそうです。

と言う事は、メガネにカメラのイメージは、今や中国人に取って変わられたのかも知れません。

そういえば、街中で見かける中国人観光客は、確かにメガネにカメラ姿が多いような気がします。

では、現在の日本人のイメージはどの様な姿なのでしょうか?

例えば内村航平、白井健三の男子体操チーム、テニスの錦織圭選手、スキー・ジャンプの高梨沙羅選手。

「男子体操チーム」の画像検索結果

オリンピックで活躍した日本人選手が思い浮かぶ事でしょうね。

野球のイチロー選手を思い浮かべる人もいるかもしれません。

世界的には、スポーツ王国のイメージが強いようで、マンガで描くならスポーツ選手の活躍シーンになりそうです。

3年後の東京オリンピック開催を考えると、スポーツと日本人のイメージは、ピッタシ合致かも知れません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>