脚光を浴びる将棋のルール

 

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、時流に乗った旬の知識と、常に変わらない不変的な知識の2種類がありました。

昔から日本人の娯楽であった将棋が、今年は天才中学生藤井聡太君の登場で、ブームになっています。

日本人の大多数が、子供の頃に将棋で遊ぶとの経験があるようで、多少はルールを知っている事でしょう。

将棋のルールは、日本人には不変的な知識の範疇に入るかも知れません。

否、全くルールを知らない人であっても、今年の旬な話題ですから、多少興味を持たれた人もいるでしょう。

今から30年以上前の第12回に、将棋のルールに関する問題がありました。

東京ドームでの第1次予選、〇✖問題です。

問・将棋の対局中、相手側に回って将棋盤を眺めるのは反則である。〇か✖か?

答・✖

解説 当時の調査では、加藤一二三9段は相手側に回って盤を見る事がある、と説明されています。

「加藤一二三」の画像検索結果

面白いのは、今年の将棋ブームのルール解説でも、この件が話題となり、当の加藤名人が直接説明していました。

加藤名人によると、相手にプッシャーをかける等、勝負の戦術の一つでもあったようです。

尚、加藤名人は昭和54年14歳7カ月で史上初の中学生プロ棋士となり、62年間第一線で活躍してきた重鎮です。

それが奇しくも、藤井聡太君に敗れたのをきっかけに、引退を発表しています。

将棋でも、相撲の様なスポーツでも、勝負の世界ではどんな強者も、引退を迎える時がやって来ます。

史上初の中学生プロ棋士が、現代の天才中学生に敗れるというドラマ・チックな戦い! 今年の重大ニュースになるでしょうね。

今年の旬な話題、将棋界の記憶に残る名勝負を振り返って見ました。将来クイズ問題になりそうな題材として。

 

 

「脚光を浴びる将棋のルール」への2件のフィードバック

  1. tsutomu さん、いつも楽しく拝見させていただいております。

    さっそくですが、加藤一二三さんがプロ棋士になられたのは、「昭和54年」ではなく、「1954年」でございます。

    ひょうきんなキャラクターでTVにもひっぱりだこの加藤一二三さんですが、日本将棋連盟のホームページを拝見すると、すごい経歴であることが分かります。60年以上、プロの世界で活躍することのすごさを実感しました。

    1. いつも見て頂いて有難うございます。
      御指摘の誤り、うっかりミスでごめんなさい。
      加藤さんは同年代なので、ご活躍を長い事見てきましたが、凄い人なのですね。
      引退といっても、参加資格は永遠に続くようなので、まだ頑張って欲しいですね。

バオバブ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>