2番目ではダメなんですか?

アメリカ横断ウルトラクイズの問題には、世の中の世相を反映させた問題が度々出されていました。

世相は、時代が変われば流れも変わる性格を持っていますが、何年かで同じような事が繰り返される場合も有りますね。

今から11年前、民主党政権が成立し、事業仕分けが話題になりました。

この時に名を挙げたのが蓮舫議員で、舌鋒鋭く役人や野党議員を切りまくりました。

その中で、流行語になったのが「2番目じゃダメなんですか?」の言葉でした。

「蓮舫議員、2番...」の画像検索結果

1番と2番では、同じように聞こえますが、天と地ほど意味が変わって来るとの意見がありました。

経済的な効果でも、天と地ほど差があるとの意見も有り「バカな奴だ!」の合唱が起きたくらいでした。

クイズ問題でも、2番目を問う事がよくあります。第14回のグランドテイトンで、次の問題がありました。

問・都道府県の面積で、一番広いのは北海道。では、二番目はどこ?

答・岩手県

解説 1番が北海道、2番目が岩手県、これは小学校の社会科で習った通りです。

川・山・湖、何でもベスト3を覚えておくのが、クイズに強くなる定石と言えます。

さて、話は「2番目ではダメなんですか?」の言葉が近頃、度々話題になっています。

東京オリンピックを控え、スポーツ選手のインタビューが話題になります。

ここでも、1番と2番では、天と地の差を強調する選手が多いのに驚きます。

誰もが1番のチャンピオンを目指すのがスポーツの基本的な目的で、王座以外は負け組と切り捨てています。

これは極端過ぎますが、金メダル以外は評価しない、との風潮もあり、スポーツ大会が過熱化しています。

本来、スポーツは誰でもが健康に過ごすための、リクレーションだった筈です。

それがプロ・スポーツの出現で、金儲けの道具になってしまった辺りが問題なのでしょう。

オリンピックは「アマチュア・スポーツの祭典」という言葉も、今の若者には初耳かも知れません。

個人が世界的な名声を得るには、オリンピックで金メダルを取るのが、最高の手段でしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>