万歳!と叫びたい時は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返って、裏話をご紹介しています。

最近、ハンガリーのブタペストで行われた世界水泳選手権、続いてロンドンでは陸上・世界選手権と国際大会が行われました。

オリンピックの他に、各競技毎の世界大会が盛んに開催されています。

こうした会場で、必ず見られるのが勝者を讃える「万歳3唱」ですね。

では、この習慣が何時から始められたのか? を問う問題が第9回の後楽園1次予選で出されていました。

バンザイ三唱は、明治憲法発布の時に始まった。〇か✖か?

答・〇

解説 正解で勝ち抜いた挑戦者の皆さんは、全員が大喜びで「バンザイ、バンザイ」と叫んでいました。

この万歳三唱は、明治22年2月11日の日本憲法発布式典で、初めて披露されたのです。

天皇に対して、国民が挙げる歓呼の声は無いものか?当時の識者が協議を重ねました。

東大の和田垣博士が、提議した「万歳、万歳、万々歳」が衆議一決で決まったそうです。

語源は中国で、長寿を祝う喜びの動作でした。

「万歳 意味」の画像検索結果

しかし、読んで字の如く「万歳」は一万歳で、皇帝にだけ許された表現でした。

皇帝以外は「千歳」だったり「百歳」だったり、自由に願いを込めて、長寿を祝ったそうです。

現代では、一般に喜びを表す習慣で、世界各国で同様の動作があります。

イタリアではヴィヴァ(viva)。スペイン語ではビバ(viva)。ドイツ語ではハイル(Heil)などの言葉で表現されています。

スポーツの国際大会で、勝者を祝う「万歳」の動作は同じように見えますが、言葉はそれぞれ異なります。

もし、スポーツ大会の会場に行く機会があれば、観察を細かく、言葉に注目してみてください。「バンザイ」ではない、他の言葉が聞こえて来るはずです。

 

 

 

「万歳!と叫びたい時は?」への2件のフィードバック

  1. いつも楽しく拝見させていただいております。ところで、以前から不思議に感じていたことがあります。
    「日本ではおならを『へ』というが、フランスでは『ぺ』という。○か×か?」
    この問題が、第9回の後楽園球場と第13回の東京ドームで出題されています。言い回しは若干異なるものの、題意は同じで、もちろん正解も同じでした。
    なぜ同じ問題が出題されたのか、その理由を教えていただくことは可能でしょうか。
    数十年前からの謎を解決したく、どうぞよろしくお願いいたします。

    1. 難しい質問ですね。
      13回は本で確認できましたが、9回の後楽園球場は本では確認できませんでした。
      という事は編集でカットされ、放送はされなかったものと思われます。
      とは言え、一度使われた問題を、同じ手法の〇✖問題に使うという事は絶対に避けなければいけないというのが我々の基本方針でした。
      従ってもし、現実にその様な事が起きたのであれば、我々スタッフのミスとしか言えません。
      本来、大勢のスタッフで問題を決めているので、誰かが気が付くはずです。
      それを見逃したのであれば、スタッフを代表して私が「申し訳ありません」と謝ります。
      でも、福留さんはその様な事に一番厳しい人でしたから、彼までが気が付かないというのも不思議です。
      世の中には、「記憶の盲点」という言葉がありますが、実に不思議です。
      数十年来の謎、解決し難いと思いますが、以上が正直な経過報告です。
      一度使った問題は、放送でカットされたとしても2度は使わない、これがウルトラクイズの基本ルールでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>