文学問題の急所は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、文学と名を付けられた分類がありました。

我々の番組では、クイズ問題を創る作家の皆さんに、問題のルールを毎回繰り返し説明していました。

重要な事は「なぜ今その問題か?」問題のタイムリー性を重視していました。

次に、学校の試験問題のような設問は絶対に避ける、これは問題選考会議で「教科書問題」という判定で不採用になります。

具体的に文学の問題で例を出せば、文学作品と作者を結ぶだけの単純な問題は「没」の判定です。

※学校の典型的な試験問題で、問題作者(教師)の工夫がみられない悪い例です。

文学で言えば、作品を読んでいる、或は筋書きくらいは知っている、というのが基本でしょう。

これなら作品の主人公、舞台となった場所、登場人物の関係などが分かります。

文学作品の舞台は、ウルトラクイズに限らずクイズ問題の定番でもあります。

また作品の冒頭の文章を暗記するのも良いでしょうね。

そんな問題が第6回のアラスカで出題されていました。

問・川端康成の小説「雪国」の中で、一番最初に出て来るカタカナの言葉は何?

答 トンネル

解説 「国境の長いトンネルを抜けると、雪国であった」有名な書き出しでした。

「雪国 川端康成」の画像検索結果

川端康成は日本初のノーベル文学賞受賞者、72年に神奈川県の逗子で自殺で亡くなっています。

番組が放送された82年は没後10年という事で、川端文学が話題になり、クイズ問題にも何問か出ていました。

「伊豆の踊子」の冒頭の文章、踊子を演じた女優名も別の回の問題に出されています。

冒頭の文章では、夏目漱石の「吾輩は猫である」島崎藤村の「夜明け前」古くは清少納言の「枕草子」なども問題として採用されていました。

これ等は冒頭の文章が有名で、学校の授業でも勉強した人が多く、文学問題の基礎知識と言えるでしょう。

基礎はシッカリ、クイズ王への必須条件です。

 

「文学問題の急所は?」への2件のフィードバック

  1. 昨日の日本テレビの「24時間テレビ 愛は地球を救う」に福留功男さんが出演されたので、感激しました。午前4時からのご出演だったので、録画して観ました。声も笑顔も明るかったので、嬉しかったです。

    1. そうでしたか。
      一頃は日本テレビの顔的な存在でしたから、久々の出演だったのですね。
      私も長年の仲間でしたから元気なのは嬉しいです。午前4時は時間が早過ぎて見られませんでしたが、ウルトラのファンの皆さんは懐かしかったでしょうね。
      良いご意見を有難うございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>