昔の生活を振り返る

アメリカ横断ウルトラクイズの問題の中には、昔の日本人の生活ぶりが分かる問題がありました。

昔の日本人の履物と言えば、下駄か草履、旅へ出る時は草鞋(わらじ)というのが一般庶民のパターンですね。

中でも、諺などに良く使われる履物は下駄でしょう。

「下駄を預ける」「下駄を履かせる」などがその代表例です。

第8回、グアムのパートⅡ「暁の奇襲作戦」で、次のような問題がありました。

問・ことわざで、相手にすべてを一任するとき、あずけるの履物は何?

答・下駄

解説 普通なら超易しい問題です。

但し、クイズ形式がグッスリ眠っているところを叩き起こされ、夢か現実か寝惚け眼で、思考が停止状態です。

視聴者にとっては「可哀想」の同情派と「只で海外旅行を楽しんでいるのだ当然派」が半々。

いずれにしても、寝惚けた状態を見て、大いに笑っています。他人の不幸は蜜の味、といったところでしょう。

「下駄を預ける」と何処へも行かれなくなる、相手を信じてすべてを任せる、との意味です。

「下駄」の画像検索結果

一切の決断を、相手に一任する意味で、悪い人間にこの様な権利を与えると、地獄を見る結果になります。

現代では、他人にこんな事を委任する人はいないでしょう。

でも、こうした言葉が一般に使われていた訳で、昔の日本は平和な社会だった事が良く理解出来ます。

一方、江戸では「生き馬の目を抜く」と言うほど、油断の出来ない街、との表現もあります。

結論として……。

何時の時代も人間の考えは同じだという事ですかね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>