プロ野球の歴史的出来事

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返って見ると、時代の流れを感じます。

クイズ問題は常にその時代を感じる旬の問題を第一に考えていたので、当然懐かしい出来事を思い出します。

最近のプロ野球で、日本ハムの大谷翔平選手が今季終了後ポスティングシステムで、メジャーリーグ行きへの意思を固めました。

「大谷翔平」の画像検索結果

大谷選手は投打の二刀流で大活躍、DH選手としても注目されていました。

DHシステムとは、何時の時代に日本のプロ野球に導入されたのか? これを問う問題がありました。

第7回は42年前で、次のような設問でした。

プロ野球パ・リーグで実施されている指名代打制。アルファベットふた文字で何という?

答・DH(Designated   Hitter の略)

解説 1,973年にアメリカン・リーグで採用されたのが最初の事でした。

日本では1,975年からパ・リーグで、導入され現在に至っています。

野球選手は子供の頃から、身体能力の高い子供が投手になるのが一般的です。

少年野球に限らず草野球でも、投手は打者としても活躍するので、チームの中心選手になります。

しかし、高校野球やプロ野球では、投手に専念させた方がチームの為になるとの考えがありました。

つまり、投手は1人で体力を使うのに対し、野手は8人が代わる代わる役目をするので、投手の体力を保存した方が得策との考えです。

極端な話、投手は打撃練習など不要、との意見を述べるコーチもいたそうです。

でも、大谷選手は2,016年7月、対ソフトバンク戦で1番投手で先発出場し、1回表に投手登録選手としてプロ野球史上初の、先頭打者ホームランを打っています。

やはり、彼は並外れた身体能力を持った、天才選手なのですね。

来年、若しメジャーへ移籍出来るなら、その後の活躍が大いに期待出来そうで、ファンに取っては楽しみです。

サッカーの人気に押され勝ちなプロ野球ですが、久々の大スターの出現で、ファンも元気になりそうですね。

 

 

 

 

 

「プロ野球の歴史的出来事」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです!

    暫く“うつ”の波が激しく殻に閉じこもり、自分を見失っていました。
    でも、大好きなウルトラクイズに支えられて、惑わしている四十路はこの9月に多いと言われる「自殺」にまでは踏み込まず生き続けています!

    さて、本日は「敬老の日」
    六本木では“ウルトラ”と付く長時間音楽番組がやってますが、自分は勿論1年365日、いや、一生“ウルトラクイズ”を敬いますよ!

    そんな中、“敬う”つながりで名前に“敬”がつく方からウルトラで人生の転機をむかえたエピソードがありました。

    名古屋CBC(中部日本放送)アナウンサーで、野球実況などを担当する若狭敬一さん(自称“名古屋の星野源”、通称“おしゃべりメガネ”)です。

    若狭さんは自分の1コ上の42歳、岡山県出身、高校生Q地区予選に出た経験のあるほどクイズ・野球好き。

    実は端からアナウンサーを目指したワケではなく、先輩に「お前、将来どうするんだ?」といわれ「ノートに好きなこと・嫌いなことを絞り出して書いてみろ!」と指示通りに行った結果、クイズが好き→ウルトラが好き→福留さんの進行が好き…となって進路を決めたと語ってました。

    考えてみたら、福留さんも元々は報道のバイトからでしたよね、さんまさんの特番のように“天職”って思わぬところから決まるモノですね!

    ちなみに、野球もマニアの若狭さんも同い年の“DH制”(第7回は34年前です!)の是非をリスナーからの意見や選手からの取材をもとに語り続けています。

    今日でDHなしのセ・リーグ、カープの連覇(以前書き込んだ、ウルトラ開始&ファミ劇で再放送してからのセ覇者順が巨→ヤ→広と合致)が決まりそうですが、若狭さんのようにウルトラで天職につけたと言われたら、作り手側としてはさぞや嬉しいのではないでしょうか?

    1. 人生には人それぞれに分岐点となるチャンスがあるようです。
      その方は、チャンスを上手く掴んで、幸せな道を歩んでいるように見受けられます。
      切っ掛けがウルトラクイズというのは、関係者として嬉しいお話でした。
      あなたもチャンスを上手く捕まえて、病を克服し幸せな人生を掴むことを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>