身近な街の風景

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返って見ると、現在と状況が変わっている事があります。

時代の流れで、世の中は変化するので、当然代わるもの、不変のものが出てきます。

街の中で見かける身近なもので、変わったものを問う問題が第6回のバーストウ出されていました。

問・家族も一緒に住んでいる交番は何?

答・駐在所

解説 当時の解説では、巡査が交代で任務に付くのが派出所、常駐するのが駐在所。両方合わせて交番と呼んでいました。

現在では、交番と駐在所はハッキリ区別されて、交番は都市部に多く、駐在所は地方に多いのだそうです。

「駐在所 交番 違...」の画像検索結果

これは平成6年に警察法が改正され、駐在所は家族と共に住む事が許されています。巡査は1名又は2名。

交番は複数の警察官が担当して同じく24時間住民の安全な生活を守るのが役目です。

因みに、交番と駐在所は合わせて全国に15,000個所あるというのが警察庁の出している数字でした。

それにしても最近の交番は、外国人観光客などが飛び込んで来るので、外国語の勉強など大変なようですよ。

親切なお巡りさんのイメージで、日本の印象が良くなるのは嬉しい事。オリンピックを控え頑張りましょう。

「身近な街の風景」への2件のフィードバック

  1. 第6回で思い出すのが「ウルトラクイズ殺人事件」です。
    あの本は、市販されなかったのでしょうか。
    犯人はわかってはいるものの、今からでも読んでみたいです。

    1. 以前、ブログで書いた事がありますが、残念ながら市販される事なく、消滅してしまいました。
      当時、出版されればヒットしたでしょうね。
      今思うと残念な失敗でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>