世界一には物語がある

アメリカ横断ウルトラクイズの問題には、世界一、日本一などの問題が時々出てきます。

これは、ウルトラクイズに限らず、クイズ問題の定番なので、クイズ研では必ずチェックしているでしょうね。

さて、チェックするからには、単に鉄道名に限らず内容も多少は覚えておくのが良いでしょう。

第14回のキティホークで、次のような問題が出されていました。

問・世界で最も長いシベリア鉄道。結んでいるのはモスクワと何処?

答・ウラジオストック

解説 キティホークは準決勝の地ですから、多少情報の中身に入り込んだ知識が求められます。

距離が長いのがシベリア鉄道と解っていても、始発駅と終着駅、距離の長さ、何時何の目的で?

この位の知識は、当然覚えて置くべきでしょう。

因みにシベリア鉄道は、今から100年以上も前、帝政ロシア政府によって計画されたものです。

シベリア地方の植民・開発と極東に於ける軍事力の強化を目的に建設され、1,904年に開通しています。

ロシアという国は、その頃から極東アジアを狙っていたのですね。

1,904年と言えば、朝鮮及び満州の支配権を巡り、ロシア軍と日本軍が戦った日露戦争の時です。

「日露戦争」の画像検索結果

世界中の国々は、何で日本はあんな強国と戦うのか?首を傾げて見守っていました。

ところが世界の予想を裏切って、日本軍が大勝利を挙げてしまったのです。

東郷元帥、乃木大将、明治時代の偉人達が大活躍をし、軍国主義が暴走を始めたのです。

お蔭で、第2次世界大戦では日本中が焼け野原と化し、復興に我々の祖父や父親世代が、必死で頑張りました。

その結果、日本は世界を代表する経済大国ですが、これも近頃中国や北朝鮮に脅かされ、不安な日々です。

シベリア鉄道から話が脱線してしまいましたが、中国も北朝鮮も、そろそろ決着したら!

聞く耳を持たない連中には困ったものです。

 

「世界一には物語がある」への7件のフィードバック

  1. この挿絵はくどう昭さんのものでしょうかね。

    ウルトラクイズ スタジオパートでのルート紹介は、高島忠夫さんと石川牧子さんの軽妙なトークが楽しかったですが、くどう昭さんのコミカルなイラストも面白かったです。
    Tsutomuさんはスタジオパートの演出にも携わっておられたのでしょうか?

    1. ご返事です。
      構成作家はスタジオも含めて、全編の仕上がりまで責任を持たなければなりません。特にスタジオの台本には気を使いました。
      収録に立ち会うので、どの番組でもMCは台本の出来具合を評価するので、構成者は苦労が多いのですよ。
      以上です。

  2. 第14回のイベントの時に、準決勝に進出された小林さんが、準決勝は問題がとても難しかったとおっしゃってました。

  3. 妻にキティーホークの話をしたら、ライト兄弟のことを当然知っていましたが、キティーホークが島であることを知りませんでした。妻は「そういえばキティーホークという軍艦があったような」と答えました。私達夫婦は50歳で、アメリカを旅行したことはありますが、詳しくは知らないということです。

  4. こんにちは。実は最近、萩原様の2012年からのブログを読み始めました。理由は10月に渋谷で第14回の本土上陸者のイベントがあったことや、2012年は萩原様のブログを存じあげなかったからです。キティーホークが島であることを、萩原様の2012年10月のブログを最近読んで知りました。番組を観ていましたが忘れていたのかも知れません。アメリカ横断ウルトラクイズは、偉大な番組だと思います。

    1. ご返事が遅れた事申し訳ありません。
      10月に渋谷で行われたイベントの件は、私は知らなかったので見られませんでしたが、きっと盛り上がったのでしょうね。
      番組関係者の連絡網も、時と共に薄れていますので仕方がない事です。
      今にして思うと、良き時代の産物でスタッフとしても最高に楽しめた番組でした。
      いまだに懐かしんでくれる方が多いので、励みになります。
      今後ともブログをお楽しみ下さい。

      1. ご返信ありがとうございました。10月のイベントは、Quiz Japanの主催でした。司会をされたのがクイズ作家の日高大介さんが第14回の大ファンです。当日は佐藤光邦さん(優勝者)をはじめ、たくさん面白い話を聴けました。佐藤さんの場合、当時、放送が始まっているのに、郵便配達の最中に、近所の方から「来週も頑張ってください」と声をかけられていたそうです。帰国後なので既に優勝者です。緩やかな街の雰囲気を感じました。

すみ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>