やめて欲しい!愚行の繰り返し

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、何十年も前の問題ながら、現代にピッタリという場合があります。

第13回のニュージランド、ショットオーバーで次のような問題が出されていました。

問・朝鮮半島での有事を想定して行われるアメリカと韓国の合同軍事演習を通称何という?

答・チーム・スピリット

解説 現在のニュースでは、連日北朝鮮関連の緊迫した状況が報道されています。

従って、今ならこれは易しい部類に入る問題と言えるでしょうね。

チーム・スピリットは、アメリカ軍の迅速な投入が目的の演習で、毎年繰り返し行われていました。

と、いう事は朝鮮戦争の歴史を見る必要があります。

「朝鮮戦争」の画像検索結果

この戦争は、1,950年6月に勃発した南北朝鮮の内紛で、国連軍が韓国側に加勢しました。

一方、北朝鮮には中国が加勢し、未だに休戦状態で終戦には至っておりません。

それなのに、北朝鮮は一方的に戦勝記念日を設け、毎年軍事パレードを開くなど勝手放題です。

世界の無法者と呼ばれ、原爆、水爆など核兵器の実験を繰り返し、世界中の非難を浴びています。

最近では、日本にも敵対心をむき出しに「日本列島を海の底に沈めてしまう」と息巻く始末。

こんな馬鹿気た騒ぎは、いい加減に終わりにしたいのですが、良い知恵は無いものでしょうか?

解決出来る天才の出現を祈りたいものです。

 

「やめて欲しい!愚行の繰り返し」への2件のフィードバック

  1. 先日はご提案をいただき、誠にありがとうございます。

    しかし、SNS恐怖症としては“まだまだ”二の足師を踏んでばかりで、同世代サイトに行ったら…

    “死語・消えそうなフレーズ「NYへ行きたいかぁ!」”

    …とカキコミされて、自分はもうブチギレして職場を早退するほど“うつ悪化”してしまいました。

    人気番組に“アンチ”は必ずいるのは宿命とわかっていても、純粋なファンは許せないと思うはずです!

    でも、そろそろ自分もアノ3人のように“新しい地図”を作っていこうかとは考えています。

    因みに、例の72時間ネット特番には、16代Q王・田中健一さんもクイズの“出題者”として登場していました。
    「実在した競走馬は、オ・ヤ・ス・ミのうちどれ?」など、生クイズを視聴者がSNSから解答する形式でした。

    tsutomuさんや田中さんのように、ウルトラに限らず新旧のQ番組から印象に残った、もしくは、意表を突いた問題・話題を書いてみるという“暖簾分け”形式でもよろしいてしょうか?

    それであれば検討して、地道にやってみようかなとは思っています!

    ここまで長文になりましたが、本題である13回のショットオーバーでは別の“愚行の繰り返し”に関係する、こんな問題が出ていましたね…

    「(1989年)現在、一部屋に2横綱がいる相撲部屋は?」

    この当時の正解は「九重部屋」、のちに「二子山部屋」もそうでしたねぇ。(2017年11月現在は4横綱とも別の部屋。)

    今や連日トップで“日馬富士事件”を取り上げていますよね。
    そして、飛び火で注目されたのが、前述にあげた九重部屋出身の八角理事長(北勝海)と二子山部屋出身の貴乃花親方との“確執”ですよね。

    せっかく八百長事件を乗り越えて人気回復してきた…と思った途端に「また!?」と水をさす出来事、
    裏で野球・稲葉ジャパンが韓国との死闘を繰り広げていたのにねぇ…

    それでは、改めてブログ内容の承諾を頂ければ、前向きに、かつ、地道に発信してみようと思います!
    まだまだ、文章力・語彙力の未熟さが目立ってスミマセン!!

    1. ご返事です。
      ウルトラクイズの「暖簾分け」は私にその様な権利はありません。
      でも、あなた自身がウルトラクイズの大ファンだったと徒は現実ですから、堂々と「ウルトラファン」として、名乗れば何の問題も起こらない筈です。
      悪口を言う人は、何処の世界でもいるので、公の場で活動する場合、そんなものは無視すれば良いだけです。
      堂々と、ウルトラと関連付けたテレビ論を展開して、新しい自分を創ってください。
      成功を祈ります。

tsutomu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>