語源を辿る面白さ

 

アメリカ横断ウルト・ラクイズの問題を読み返すと、時々面白い知識を思い出す事があります。

第12回のサンフランシスコで、次のような問題が出されていました。

問・本来は「汗をかかせるもの」という意味を持つ編み物は?

答・セーター

解説 この問題は正解を知らなくても、編み物の言葉で、勘を働かせれば正解に辿り着ける問題でした。

そもそも編み物は、有史以来世界の各地で作られていた事は解っています。そして、衣装として身に纏っていたことも事実です。

でも、この衣装をセーターと呼ぶようになったのは、そんなに古い事では無かったのですね。

セーターは英語でsweater,「汗をかく人」を意味します。この言葉が生まれたきっかけが面白いのです。

実は1,891年の事、アメリカのフットボール・チームで汗をかいて減量するために、毛糸で編んだユニホームを採用したのです。

「アメリカン・フ...」の画像検索結果

そこで彼らを「汗をかく人」=セーターと呼ぶようになり、これが転じて着ている編んだユニホームをセーターと呼び、この衣装の名称になったのです。

と、いう事は120~130年の歴史ですが、現在では繊維を編んだ外套をはじめスカーフ、やスカートなど製品も多様化されています。

ファッション業界では、それぞれに洒落た名称が付けられ、各々の道を歩んでいます。

言葉の語源を辿ると、思わぬ場所で誕生し、それがいつしか世界の共通語になって行く、この意外性が面白いですね。

本日の裏話は、セーターの語源から始まった雑学のご紹介でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>