業界の専門用語の面白さ

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、普通の人は知らなくても何ら問題の無い知識が、時々登場する事があります。

知らなくても日常生活に支障がない、でも知っていると「物知りだね」と周囲の人が一目置く、との雑学の類ですね。

この種の問題は、特定の専門職の業界用語に多く、知って面白い場合が結構多いのです。

第8回のダコタで、その典型とも言える問題がありました。

問・大工道具で「閻魔(えんま)」と言えば何?

答・くぎ抜き

解説 日本人にとっては「閻魔様」と言えば地獄の大王で、悪人にとっては最も恐ろしい存在です。

「閻魔像 京都」の画像検索結果

その昔の大工さん達は、どんな理由でそんな名前を付けたのでしょう? これは知っておきたい雑学と言えるでしょう。

我々も、名前の由来が面白かったので、クイズ問題として採用したのです。実は、閻魔様は生前に嘘をついた悪人の舌を抜き取る、との俗説があります。

くぎ抜きも、錆び付いて抜けない釘でも簡単に抜くので、そのように呼んだのだそうです。

昔の職人さんらしい頓智(とんち)の利いた命名ですね。

嘘つきと言えば昨年の事、「日本一の嘘つき」と呼ばれた人がいましたね。財務省の国会答弁で「記録の資料は破棄した」と答えた人です。

森友学園、加計学園問題での追及で、国民の関心が高かったあの時期に、堂々と嘘をつき続けた心臓の強さには敬服します。

その方が、その嘘の巧さを評価され、何と国税庁の長官に大出世したのですから、恐らく閻魔様も仰天なさった事でしょう。

真面目に税金を払っている国民は、長官殿が嘘を平気でつく税務署には、税金を払いたくない気持ちになるのではないでしょうか?

若し、長官殿がこの語源を知ったなら、「くぎ抜き」を見る度に恐れおののく事でしょう。

でも、お役人様で大出世した方ですから、ガチガチの現実主義者で、あの世に地獄があるなどの俗説は信じていないのでしょうね。

本日は語源の面白さを示す、クイズ問題の裏話のご紹介でした。

「業界の専門用語の面白さ」への2件のフィードバック

  1. お久しぶりです!

    遅い年明け最初のコメントですが、3月のファミ劇で話題にふれた第8回&第16回の「一挙放送」がHPで掲載されました‼

    まだ、今年はどの回をCS初放送するのかは公表されていませんが、暫く沈んでいたテンションが“アゲアゲ↑↑”状態であります!

    今からワクワクして、視聴&録画しようと思っております‼

    それでは、今年の“再放送”に期待しつつ、またコメントについて御手柔らかに返答をお願い致します‼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>