繰り返される歴史的出来事

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、現代でも十分に面白い情報が出題されている事があります。

クイズ問題は時の話題「旬」の情報から出されるのが基本ですから、放送当時と現代が似た状況だという事です。

ズバリそんな問題が、30年前の第12回の東京ドームで出されていました。

問・将棋の対局中、相手側に回って将棋盤を眺めるのは反則である。〇か✖か?

答・✖

解説 日本将棋界の大天才と称される加藤一二三九段は、相手側に回って盤を眺める事がしばしばありました。

「加藤一二三」の画像検索結果

将棋の神様的な加藤九段がその様な行為をするのですから、当然反則ではなくルールに沿った行いと言えます。

昨年来、当時中学生だった藤井聡太君が連戦連勝記録を更新し、社会的に話題になっていますね。

彼が話題に上りだしたのは、加藤一二三九段を破り50年振りに登場した天才中学生だったからです。

一方の加藤さんですが、実は彼も中学生当時に将棋界に登場、数々の記録を残した方です。

現在は単なる面白いオジサンですが、藤井聡太クンとよく似た注目の棋士だったのです。

「藤井聡太」の画像検索結果

藤井君の登場で、加藤センセイもCMに登場するなど、昨年来時の人になっています。

庶民の娯楽、将棋が見直されてきたのは愛好家の皆さんに取っては嬉しい事でしょうね。

「歴史は繰り返される」との言葉がありますが、今回の将棋ブームは正にその典型的な出来事と言えるでしょう。

この先、藤井聡太クンの記録がまだまだ更新されそうで、天才少年の健闘を祈り、本日の話題で取り上げて見ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください