保育園&幼稚園の違い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を読み返すと、現代でも旬の話題として通用する設問があります。

30年以上前のクイズ問題が、今でも「旬」とは不思議な気分ですが、実は当時と同じような社会状況になっているという事なのです。

第6回の後楽園球場で行われた、第1次予選で次の問題が出されました。

問・幼稚園は、学校ではない。〇か✖か?

答・✖

解説 現代なら、幼稚園が学校である事は、ほとんどの日本人が知っている常識と言えるでしょう。

連日、ニュースで報じられている「森友学園問題」があり、その解説で幼稚園が学校法人を経営している事が説明されています。

「森友学園」の画像検索結果

学校教育法では、幼稚園も学校であると明記されており、幼稚園と保育園では異なるのですね。

その代表的な例は、幼稚園の教育者は小学校と同じように「先生」と呼ばれていますね。

幼い子供達が通うので、「幼稚園」と「保育園」は混同され易いので、その違いを簡単におさらいしてみましょう。

保育園と幼稚園では、監督する省庁が異なり、保育園は厚生労働省で保育士は国家資格、幼児は0歳から入園出来ます。

一方の幼稚園は文部科学省の管轄で、教師は教諭免許が必要です。また児童は3歳から入園資格があるのです。

話題の中心「森友学園」は、大阪市淀川区に本部を置く幼稚園を運営してい学校法人なのです。

この幼稚園の教育方針に賛同した安倍総理夫妻が、森友学園の鴨池理事長夫妻と親しい関係にあったため、周囲が忖度して事件に発展した訳です。

政治家と官僚のそれぞれの思惑が入り混じり、今後、証人喚問が行われますが真実は果たして?

国民が納得する結論が出るのでしょうか?

真実は闇の中! 聞き飽きた言葉で御免蒙りたいですね。

昔のクイズ問題から、本日の裏話は保育園と幼稚園の仕組のお勉強でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください