国会議事堂の赤絨毯物語

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、時代を超えて注目される設問が数多くありました。

第12回の東京ドーム第一次予選で、次のような問題がありました。

問・貿易摩擦解消の一環として、国会議事堂の赤いジュウタンは輸入物を使っている。〇か✖か?

答・✖

解説 もっともらしい設問で、大いに迷いそうなクイズですね。でも、実際には創業130年の「住江織物」という会社が作る絨毯だったのです。

歴史的には明治24年、帝国議会議事堂に納入。現在の「赤絨毯」まで延々と納入を続けていたのです。

「国会議事堂、赤...」の画像検索結果

住江織物は高品質、堅実な経営イメージで、古くは戦艦大和の艦長室を初め、劇場、高級ホテルなど有名な施設に絨毯を納入していました。

ところが近年、米国の子会社で不適切な会計処理が発覚。就任早々の新社長が退任するなど、不祥事が話題になっています。

本社には何ら問題が無いのに、降って沸いたような災難で、これこそ晴天の霹靂との言葉がピッタリと言えそうです。

何れにしても国会の赤絨毯は、テレビの国会中継でお馴染みですが、その絨毯の上で繰り広げられる、日本の歴史を全て見ている生き証人なのです。

この物語を創るなら、タイトルは「赤絨毯が見た真実!」といったところでしょうかね。

「市原悦子 家政...」の画像検索結果

市原悦子さん主演のテレビドラマ「家政婦物語」の題材に最高、と言ったところです。

話が脱線しましたが、一問のクイズの裏側にも多くの歴史があり、それを探るのがクイズ・ファンの愉しみです。

本日はクイズ問題から始まって、人々の興味が国会に向かいました。とても良い傾向ですね。

クイズは有益なゲームである。毎度お馴染み、自画自賛の結論でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>