日本再発見の源流

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返って見ると、懐かしい言葉に出会い、その意味を知る事が出来ます。

第8回の後楽園球場で、次のような問題がありました。

問・国鉄のフルムーンパス、2人合わせて88歳以上の夫婦が対象だが、夫七〇歳、妻一八歳でも利用できる。〇か✖か?

答・〇

解説 フルムーンは旧国鉄時代に、日本各地の良い処を紹介する目的で計画された、日本再発見の旅が目的でした。

どうせ旅をするなら、年老いた両親への贈り物が最適だとの企画で、この宣伝に昭和の大スター上原謙、高峰三枝子が夫婦役で温泉に入るCMが大ヒット。

「フルムーン」の画像検索結果

これによって、フルムーンの言葉が全国的に浸透したのです。

両親への贈り物で2人合わせて八十八歳以上、となると十八歳の母親は不自然だと考える人。否・決まりは合計の年齢と思う人の両者に分かれます。

結果は夫婦であれば、年齢の組み合わせに制限はありません。

この規則はJRになってからも引き継がれ、現代では日本各地を回る豪華列車などの企画が多数あります。

親孝行をしたい方は、両親の結婚記念日、退職記念、誕生日など理由は幾らでも考えられます。

「親孝行したい時には親はなし」の諺があります。両親が元気なうちに思いついたら実行に移しましょう。

本日は一問のクイズ問題から、全国の親に成り代わり親孝行への提案」をいたしました。

「日本再発見の源流」への2件のフィードバック

  1. 当時この問題を聞いた時、「そういえば前回、これを取り上げた問題があったな」というのを思い出しましたね。
    前年の第7回オルバニーでの「パラマキクイズ」の中で、「フルムーンパスを利用できるのは、夫婦の年齢が
    合計何歳以上?」というものでした。正解の「88歳」を聞いた時「あ、両親の年齢の合計が近い!」と気づき、
    フルムーンパスのことを詳しく調べたものです。このように直近の回で出題された話題を、さらに掘り下げて
    出題したというケースは、まだ他にもあるかもしれないですね。ありましたら、また紹介してほしいです!

    1. ご返事です。
      同じようなケースもあるでしょうね。今度、気か付いたらご紹介します。
      今後とも宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください