通信の進化を見ると?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、日本人の昔の暮らしが偲ばれる出来事が、数多く登場します。

例えば、日本列島の通信手段はどの様になっていたのか? 誰しも不思議に思う事でしょう。

歴史的には、古い大和時代から日本列島は天皇を中心とした国であり、一つに纏まっていたのです。

全国への指令は、どのように伝えられていたのでしょう? 時代毎に通信の方法は変化しています。

それにしても、北から南まで何千kmもある国中へ、伝令が出されていたのは驚きです。

或る時代の通信手段が、問題として出された例をご紹介しましょう。

第4回の1次予選、後楽園球場での〇✖問題でした。

問・「三度笠」とは、本来月に三度東海道を往復した人達がかぶった笠の事である。〇か✖か?

答・〇

解説 江戸~京都間を、月に三度往復する飛脚がかぶっていたので、この名がつきました。

「三度笠とは」の画像検索結果

時代劇では、流れ者の博徒がかぶって全国を旅していたので、博徒の笠と誤解した人もいたでしょう。

語源は、現代の郵便屋さんに当たる「飛脚」の制服だったのです。

それにしても、飛脚は月に三度も江戸~京都を往復したのは、片道5日に当たり恐るべき体力と言えます。

全国への通信手段で有名なのは、源義経を全国へ指名手配した時の「安宅の関」のお芝居ですね。

歌舞伎の「勧進帳」で有名です。

また、江戸時代の「忠臣蔵」で浅野内匠頭(あさの・たくみのかみ)の切腹を翌々日には、兵庫県の国元へ伝えられていたとの速さ。

「忠臣蔵、切腹」の画像検索結果

これは、早馬を乗り継いだ結果の速さと伝えられています。

時代によって通信手段は変化しますが、それぞれの苦労を垣間見(かいまみる)事が出来ます。

現代では、地球の裏側の出来事を映像で同時に知る事が出来ます。この100年の科学的進歩は、昔の人には理解不能でしょう。

本日は、日本の通信手段から始まって、目を見張る科学の進歩へと話が進みました。

結論は、クイズ問題の幅は広いという事で「お粗末の裏話」でした。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください