懐かしい自家製・家庭の味

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、一つの答えから日本人の昔の暮らしや、習慣等が解る事がありました。

第14回のソルトレイクで、次のような問題が出されています。

問・お酒に盗むと書いて「酒盗」。これはどんな食べ物?

答・塩辛

解説 お酒好きの日本人なら、誰でも知っている塩辛の別名ですね。江戸時代の庶民の生活には、酒に塩辛は付き物でした。

これを肴にすれば、酒がいくらでも進む事から付けられた異称だそうです。

イカの塩辛は、納豆と共に初めての外国人には、食べられない日本の食品だったようです。

処が、一度食べてしまうと病みつきになるほど、好まれる食感なのだそうですね。

日本酒に塩辛は「ピッタリの相性」ですが、ワインやスコッチに塩辛との組み合わせは、ピンと来ません。

因みに塩辛とは?

魚介類の身や内臓を、加熱することなく塩漬けにし、素材の持つ酵素及び微生物によって発行させたものです。

「塩辛」の画像検索結果

保存性を高めた、現代の表現では「発酵食品」と呼ばれ、健康食品として愛用している人もいるようです。

昔から家庭で作れるため、独自の材料で「家」代々の自慢食材にしている家庭もあります。

「おばあちゃんの味!」良く聞くセリフです。

塩辛は食卓ではメインのおかずではなく、正に酒のツマミです。

普段は主役の陰に隠れている「脇役」の中でも下っ端の存在。でも、クイズで陽を当てると結構薀蓄がありました。

本日は、日本の食卓の脇役を多少詳しくご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>