東京オリンピック期待の星

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、現代の話題に結びつく問題が時々出て来ます。

時代が変化しても、世の中の出来事は繰り返されるという事ですね。

最近は、スポーツ選手の活躍が話題になりますが、サッカー、野球、テニスなどの陰に隠れ活躍ぶりが薄れている選手がいます。

水泳の池江璃花子選手の活躍ぶりです。彼女は16歳の高校2年生ながら、9種目の日本記録を樹立しています。

ブログ用写真

現在は「世界水泳2,017」がハンガリーのブタペストで、7月30日まで開催中ですが、池江選手の活躍は世界を驚かせています。

と、言うのは自身の持つ日本記録を次々と更新しているのです。

彼女は、水泳の全種目が得意で、特に個人メドレーでバタフライが群を抜いて好記録を出しています。

さて、ウルトラ・クイズでもバタフライに関するクイズ問題がありました。

第8回のグアムでの問題でした。

問・水泳のバタフライ、そのけり足の元祖となった動物は何?

答・イルカ

解説 以前は、バタフライの足は平泳ぎと同じ蛙足で泳いでいました。

しかし、1,954年日本の長沢二郎選手によって、イルカの泳ぎ方を取り入れたドルフィン・キックが完成したのです。

これによって、バタフライの記録も著しく更新され、現在では蛙足の選手は皆無と言って良いでしょう。

現在が16歳の池江選手。2年後の東京オリンピックでは18歳で尤も体力的に充実している年代です。

結論として、金メダル候補の最有力選手と期待できますね。

「本日の裏話」は、クイズ問題から話は進み、東京オリンピックの明るい希望のお話でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>