偉人の伝記は面白い

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、世界の偉人に関する問題が時々出されていました。

偉人と呼ばれた人物は、凡人と異なり、考え方も行動も普通ではなく、子供の頃から卓越したエピソードを持っています。

その実例が面白いので、偉人の伝記は世界的に愛読者が多く、クイズ問題のネタとしても最適と言えるでしょう。

第6回のダラスで、偉人に関わる次の問題が出されていました。

問・幼名をテムジンと言った英雄は誰?

答・ジンギスカン

解説 モンゴル帝国の始祖で(1,167~1,227)モンゴル高原の遊牧民の子供として誕生、テムジンと呼ばれていました。

ブログ用写真

13世紀に各遊牧民を統一して、領地を拡大。東は中国東北地方から、西はロシアに至る広大な領域を支配したのです。

当初は、蒙古帝国と称していましたが、蒙古は蔑称の意味が含まれることから、モンゴル帝国と呼ばれています。

ジンギスカンに付いては謎の部分も多く、日本では実は源義経だったとの説があり、小説にもなっています。

義経は悲劇の主人公であり、兄の頼朝から追われ、奥州・平泉の藤原秀衡の保護を受けます。

しかし、秀衡の死後、その息子の泰衡に襲われ、家臣の弁慶と共に生涯を閉じたと歴史上はなっています。

しかし、義経伝説という別の話もあり、彼は少数の家臣と共に北海道に逃れ、やがて大陸へ渡ったとの伝説も生まれたのです。

こうした伝説から、ジンギスカン=義経説が生まれたのでしょうね。

日本人には、悲劇的な人を応援する人情があり「判官びいき」の言葉も義経から生まれたと言われています。

因みに義経の幼名は「牛若丸」。長じて「九朗判官」と称されていてました。

「本日の裏話」は偉人の幼名を問う問題からテムジンと牛若丸の2人のお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください