自由の女神の裏話

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、日本とアメリカとのお付き合いの歴史が見えてきます。

現代では、日本とアメリカは兄弟のように仲が良く、世界では最高の同盟国のように見られています。

とは言え、日本とアメリカのお付き合いは、それほど永くはありません。

ペリーが黒船に乗ってやって来たのが、わずか165年前の事でした。

その後、日米通商条約が結ばれ、この内容を巡って大老、井伊直弼が「安政の大獄」を断行しました。

この事件を切っ掛けに徳川幕府が崩壊し、明治維新へと進行したのは、中学、高校の近代史で学習した通りですね。

以上の歴史が頭にあると、正解の確率が高い問題が第15回の東京ドームで出されていました。

問・1886年、「自由の女神」の除幕式に日本人も招待されていた。〇か×か?

答・×

解説 1,886年には、アメリカに日本領事館はありました。とはいえ日本との付き合いは浅く、日本の重要人物はアメリカに渡っていなかったのです。

従って、除幕式の招待リストには、日本人の名前は無く、中南米の招待者が多かったと記録されていました。

処で、除幕式よりも26年前の1,860年に勝海舟が率いる咸臨丸がサンフランシスコへ渡っています。

咸臨丸には、勝海舟の他、福沢諭吉、通訳のジョン万次郎などの著名人が乗っていたのです。

もしも、除幕式が26年前だったら、これ等の人達が日本からの珍客として招かれる可能性もあったかもしれません。

勿論、架空の想像ですが、彼らが除幕式に招待されていたら、自由の女神の歴史も面白く展開した事でしょう。

本日の裏話は、ウルトラクイズの象徴である「自由の女神」に関する私の馬鹿な空想でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください