時の流れは無情です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を振り返ると、時の流れが人々の人生を左右する事が解ります。

人間は有名、無名を問わず、時と共にそれぞれの人生が進行するのは当然です。

そんな中で最近、ある有名人の人生が週刊誌や新聞テレビ等、マスメディアで取り上げられ話題になりました。

その有名人が誰かを問う問題が、第16回のグアムで出題されていました。

問・バルセロナ・オリンピックの競泳で、オリンピック最年少の金メダリストとなった女の子は誰?

答・岩崎恭子

解説 女子200メートル平泳ぎで、2分26秒65のオリンピック新記録を出し、史上最年少の金メダリストになりました。

当然、世界中の注目を集めた訳ですから、日本国内では知らない人が無いくらいの有名人となりました。

バルセロナ・オリンピックは26年前ですから、当時中学生だった岩崎恭子ちゃんも40歳の中年女性に成長しています。

スポーツ解説者として、メディアにも時々登場するなど順風満帆の人生を歩んでいるように見受けられていました。

一方、私生活ではラグビーの日本代表選手と結婚し、1児の母でもありました。

その彼女が、夫と離婚。しかも不倫騒動となり、最近ではメディアを賑わせているのです。

人生は「山あり谷あり」と言うものの、大変な人生を歩んでいる事が判明しました。

昔の歌謡曲に、時の流れに身を任せとの歌がありました。時の流れは無情なものです。

でも、当時14歳だった恭子ちゃん。その後はスポーツ解説者として立派な仕事をこなしてきたのです。

確かに不倫は女性ファンに敵対視される立場です。とは言え、夫と離婚、更に不倫相手とも縁を切ったと説明しています。

となれば、一度の過ちは許してあげたいと思いませんか? 2年後のオリンピックには彼女の解説を聞きたいものです。

本日の裏話は、時の流れの話題として、クイズ問題に取り上げられた有名な女子中学生の人生の一端をご紹介しました。

岩崎恭子ちゃんには、今後もスポーツ解説者として頑張って欲しいと思います。間もなく東京オリンピックですから……。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください