地理の問題は故郷自慢

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、世界や日本の地理に関するクイズが時々出されていました。

これに正解するには、世界であれ日本であれ、地図をしっかり頭の中に記憶していれば安心です。

何れも国の首都、県庁の所在地の位置を覚えていれば、更に万全で、正解出来る確率は高まります。

第14回のグランドテイトンで、日本の地理に関する問題が出されていました。

問・都道府県の面積で、一番広いのは北海道。では、二番目はどこ?

答・岩手県

解説 北海道の面積は凡そ83,400平方㎞。これに対し岩手県は凡そ14,800平方㎞。

数字で表すと、北海道は岩手県より5.6倍も面積が広かったのが解りますね。

細長い日本列島で、太平洋と日本海の両方に接する県であり、これもクイズ問題に出されても良い特徴と言えます。

岩手県はそれほど広いだけ在って、昔から著名人も多数輩出していました。

例えば内閣総理大臣にしても、第19代原敬を初め第70代鈴木善幸まで、何と5人の内閣総理大臣を出しています。

例えば文化人を見ると、石川啄木、宮沢賢治と児童文学に貢献した作家が出ていますね。

芸能界を眺めると千昌夫、新沼謙治と故郷を売り物にスター街道を驀進しました。

更に世界を驚かせたスーパースターが居ました。大谷翔平君です。

メジャーリーグで新人賞を獲得。イチロー選手に次いで17年振り、日本人としては4人目の快挙だそうです。

翔平君の二刀流を直に見たいと日本から多勢の観客がアメリカを訪れました。

岩手県の皆さんに取っては、鼻高々な一年であった事は想像出来ます。

本日の裏話は、地理のクイズ問題から派生して、故郷自慢が出来るとのお話でした。

それにしても、大谷翔平君は大したもんですね。故郷自慢の皆さんに取って、嬉しい一年だったと推察できます。

大谷翔平君は岩手県の宝、いや日本の宝と言っても良いでしょう。翔平君は凄い!末永い活躍を願います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください