ペットのネコのお話です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には「動物」という分類があり、動物全般の知識が含まれていました。

動物には哺乳類、鳥類、両生類など細かい分類があり、或る動物が何処に所属するかは基本的知識と言えます。

例えば「蝙蝠」のように鳥類なのか、哺乳類なのか? 判別が付きにくい動物は恰好のクイズ問題と言えるでしょう。

そんな動物の中で、現在最も興味が持たれているのがペットになる動物の知識でしょう。

ペットの中では、犬、猫、小鳥などが人気ですが、そのペットの問題が第10回のニューヨーク決勝戦で出されていました。

問・バラエティーに富むネコの品種。シャムネコとペルシャネコを交配してつくられたネコは何?

答・ヒマラヤン

解説 ネコの中では人気の品種ですが、誕生したのは意外や近代で1,954年イギリスで誕生していました。

ヒマラヤンはネコにしては人間に懐く性質で、実は私の家でも以前に飼っていました。

当時我が家では、ペルシャネコとヒマラヤンの2匹を飼っていましたが、性質は真反対でした。

ヒマラヤンは私が帰宅すると、玄関に向かって走って出迎えてくれたのです。

一方のペルシャは、遠くの方でそっとご主人様の帰りを確かめただけの表情です。

ヒマラヤンは来客にも愛想が良く、足に纏わりついたりするので、客にも抱かれる事が多かったのです。

その点、ペルシャネコは来客に抱かれた事など1度もありませんでした。

同じペットのネコでも、性格は真反対でありながら、家族が留守の時は付かず、離れず傍に居たようです。

2匹は仲間なのですが、じゃれて遊ぶような事は見た事が無かったのです。

本日の裏話は、ペットのネコの問題だったので、猫の性格に関して、我が家の懐かしい体験をお話しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください