鬨の声は死語に?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、現代に限らず昔の日本人の常識も含めて、クイズは創られていました。

日本人として知って置くべき常識は、今に限らず昔の事も知っている方が、知識の幅が広く有利なのは当然です。

第11回のグアムで、次の問題が出されていました。

問・昔の話、戦の前に「えいえいお~」と言うのは何の声?

答・鬨の声

解説 士気を高める目的で多数の人が一緒に叫ぶ声です。敵に対しては戦闘開始を告げる目的でもありました。

この声の大きさによって、敵もビビったり「大した事ない」と油断したり、勝敗を決めるカギなので重要な要素でした。

また、戦に勝利した時にあげるのは「勝鬨」で、当然勢いが良く喜びの声も遠方まで響きます。

天下分け目の「関ヶ原合戦」では、徳川側の勝鬨が次々と上がり、石田三成側は戦意を失った事でしょう。

鬨の声は、最近まで運動会などで元気に拳を振り上げていましたが、近頃はあまり見なくなりました。

現代っ子達はこのような団結を「ダサイ!」と感じるのでしょうかね。これも時代の流れで、逆らう事は出来ません。

本日の裏話は、昔の戦の象徴的な「鬨の声」「勝鬨」の言葉が今や次第に忘れられているとのお話でした。

やがて「死語」となって、クイズでも難問の範疇になるのかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください