日本の古い習慣を知ろう

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、日本の古い仕来たりや習慣が問われる事が多々ありました。

これ等は、日本人の常識ですから、知識を競うクイズの中では、当然重要な範疇に入るのは言うまでもありません。

最近の若い人は、古い仕来たりや習慣を嫌う傾向もありますが、でも、日本人の伝統は知識として知っておくべきでしょう。

第11回のカンクーンで、日本の古い習慣に関する問題が出されていました。

問・既婚女性が結婚式などで着る「江戸褄」とは何の別名?

答・留袖

解説 この問題は、女性に有利と言えるかも知れませんね。女性なら誰しも和服に興味がある筈です。

「留袖」とは和服の一つで、既婚女性が着る最も格式の高い礼装なのです。

基本は黒地に五つ紋の「江戸褄」だが、地色が色物の場合は色留袖と言います。

西洋のイブニング・ドレスに相当する第一礼装で、結婚式やパーティーの時に着用します。

何時の時代でも、若い女性は和服に関心があり、特に成人式には皆さん競って和服で正装しますね。

と言っても、大多数は留袖を着る訳ではなく、独身の正装である「振袖」であり、レンタルでも前年から予約するほどです。

即ち、一生に一度の晴れ着ですから、気に入った柄を選びたいという訳で、それには前年から決めなければならないとの事。

オシャレには、努力とお金がかかるという事です。その点、女性と違って男性は、スーツにネクタイなので楽です。

男性の正装で、「モーニング」「タキシード」というのもありますが、成人式ではあまり見かけません。

本日の裏話は、日本の習慣で女性に有利な和服のお話でした。処が、成人式の費用を比べると男性の方が安上がりで有利ですね。

オシャレに金がかかるのは男性か女性か?

勿論女性の方が、お金をかけています。しかし、男性は結婚後、女性のオシャレの資金を稼がなければなりません。

そこで結論! 男女共に負担は5分5分平和的な解決案でした~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください