専門用語を推理する術は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、或る業界の専門用語が出る事もあります。

一般人にとって、専門用語は「難問」の部類に入り、普通は簡単に正解出来ない問題と言えます。

とは言え、勘を働かせて答を見つける事もあり、その思い切りの良さが勝敗のカギになるのですね。

第15回のモハーベ砂漠で、直接知らなくても、勘が良ければ正解出来る典型的な問題がありました。

問・株のインサイダー取引を防ぐ経済用語「チャイニーズ・ウォール」の語源となっている、中国の建造物は何?

答・万里の長城

解説 中国の建造物で有名なものと言えば「紫禁城」「万里の長城」が思い浮かぶでしょう。

紫禁城は、1,420年に完成した代々の皇帝の住居であり、現在は故宮博物館として一般に公開されている北京の名所です。

それに対して、中国のウォール「壁」として役立つのは、世界一長い城である「万里の長城」しかありません。

以上の条件を考えれば、直接この「経済用語」を知らなくても正解する事が出来る問題なのです。

以上のように、クイズに勝ち抜く為には、数多い知識を総合して正解を導き出す術(すべ)を身に付ける事が必要です。

楽しみにしていたゴールデンウイークの10連休も、今日で終わりなので本日の裏話は、難問の解き方を解説しました。

クイズ好きの皆さんはすでに知っている事でしたかネ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください