昭和の世代の懐かしの童謡

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題を見ると、時代によって傾向が変わる事があります。

何時の時代にも共通する普変の事象、その時代ならではのタイムリーな問題と二つの傾向がありますね。

例えば、現代の子供達が唄う歌にしても、テレビの人気アニメやコマーシャル・ソングなどが多いのは当然です。

また、アイドル・スターのヒット曲などは、歌詞も暗記するくらい詳しい人が多いですね。

これに対し、昭和の時代の子供達は、小学唱歌や童謡を唄う事が普通の感覚でした。

だから、唱歌や童謡のクイズ問題を出しても、挑戦者達は迷わず早押しボタンを押したものでした。

第7回のデスバレーで、童謡に関する早押し問題があり、勿論正解していました。

問・童謡「お山の杉の子」で 〽これこれ杉の子おきなさい〽 と声をかけたのは何?

答・おひさま(太陽)

解説 「お山の杉の子」は作詞・吉田テフ子、サトウハチロー 作曲・佐々木すぐる、童謡のヒット作です。

その後の詞では、〽小さな杉の子 顔出して「はいはい お日さま 今日は」〽 と答えています。

昭和生まれの皆さんに取っては、誰でも唄える懐かしい童謡の一つと言えるでしょう。

処で、この歌は全編の詞を読むと、一つの物語になっているのです。抄訳すると以下の通りです。

昔々のその昔、椎の木林のすぐそばに、小さな杉の子が生えていたのです。

太陽と杉の子の会話を聞いた椎の木が、「お前みたいな小さな杉の子に何が出来る」とバカにしたのです。

怒った杉の子は、「今に見ていろ」とばかり、太陽の光を存分に浴びてグングン成長しました。

そして、椎の木林を上から見下ろして、我々杉の木は材木となって、人々の生活の役に立っていますよ、と語るのです。

実は、この歌には元歌があって、第2次大戦中の1,944年に発表された作品でした。

しかも、元歌は戦意高揚を目的に創られていたのです。従って兵隊さんの役に立つための歌詞だったのです。

しかし、日本の敗戦で平和な時代が到来。軍歌と共に、戦意高揚の歌も消えて行く運命だったのです。

でも、この歌のメロディーは広く愛されていたので、何とか残したいとの声が高まったようです。そこで……。

戦後、皆さんが親しんだ歌詞に変更。サトウハチロー氏によって、日本昔話風のストーリーに変化し愛唱歌になりました。

本日の裏話は、昭和世代の懐かしい童謡の、意外と知られていない数奇の物語をご紹介しました。

多くの日本人に親しまれた日本昔話と同じ雰囲気。                                      流石に愛唱歌って親しみ深いですね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください