B-29ってな~に?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、オタクと呼ばれる人達に向けた専門用語も時々出題されます。

専門用語と言えども、クイズ好きな人達は知っている場合が多く、正解して先へ進みます。

自分の専門分野を設け、知識を高めるのは結構です。でも、それ以外の森羅万象に興味を持ってこそ王者を狙えるのですね。

戦争オタクなら当然知っている。しかし、それ以外の人でも半数は正解出来そうな問題があったのでご紹介しましょう。

第15回のサンシティーで、次の問題が出されていました。

アメリカ空軍で、頭文字に「F」が付くと戦闘機。では「B」が付くと何?

答・爆撃機

解説 戦闘機は「Fighter」の頭文字をとって「F」が付き、現在世界最高の戦闘機はF-22ラプターだと言われています。

F-22ラプターは、世界中の空軍が認める文字通り最新の戦闘機で、実力NO1と言われています。

大きな特徴は二つあります。超音速状態で長時間飛行することが出来、攻撃性能はもちろん世界一の戦闘機と言われています。

一方、「B」の爆撃機はBomber」の頭文字を取って「B」が付き、中でもBー29は戦争体験者には嫌な思い出があります。

第2次大戦の末期、東京の大空襲をはじめ日本各地の都市が爆撃で焼かれたのは、ほとんどがB-29によるものでした。

小学生だった私も、B-29の爆音を聞くだけで恐ろしくなった記憶が、長年忘れられないトラウマになっていました。

処で、戦闘機といえばF-35機を日本の自衛隊が105機購入するようトランプ大統領に迫られ、約束したようですね。

日米貿易赤字の解消のためとはいえ、総額1兆2,600億円もの大金であり景気低迷の我が国にとって不安が高まるニュースでした。

本日の裏話は、アメリカ空軍の戦闘機の問題から派生して、第2次大戦の暗い思い出を想起してしまいました。

尤も、現代は戦後生まれの世代が中心で、戦争体験者の比率は少なくなっています。

と、考えると本日のテーマで暗い気分になる方はほとんど居ないと考えるべきでしょう。ウン!安心しました。B-29怖いよ~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください