大好きなお金の話です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は森羅万象、世の中の常識的な知識から易しい、中程度、難解と分けて作られていました。

比較的知っている人の多い、中程度の問題の中から、誰でも興味のあるお金に関する問題がありました。

第11回のニュージャージで行われた準決勝で、次の問題が出されました。

問・現在の一万円札は福沢諭吉ですが、お札の人物やデザインを決定するのは誰?

答・大蔵大臣

解説 福沢諭吉の人物やデザインを決めたのは、当時の大蔵大臣だった竹下登でした。

処で、日本の紙幣は20年周期で刷新されていました。その周期を守るなら、2,024年に刷新、発行が予定されます。

元号も平成から令和に代わり、新札の発行にはタイムリーな時期といえます。

と、いう事で今年の4月9日、日本政府が新紙幣を刷新する事を発表しました。

それによると一万円=渋沢栄一。五千円=津田梅子。千円=北里柴三郎の3名が決まりました。

決定は現在の麻生太郎財務大臣。この方は何かと問題発言が多いので有名ですが、今後新札を見る度に思い出す顔となります。

さて、三名の皆さんの功績をご紹介しましょう。

一万円の渋沢栄一は、日本の資本主義の父と評され、近代日本経済の基礎を築かれた偉人です。

聖徳太子⇒福沢諭吉⇒に次いで最高金額に相応しい人選と言えるでしょう。

五千円札の津田梅子は現在の津田塾大学の創始者であり、女性としては日本初の海外留学生でもあります。

樋口一葉に次ぐ女性紙幣で、勉学の女性先駆者としては文句ない人材と言えるでしょう。

千円札は野口英世から北里柴三郎へ。共に世界的に有名な細菌学者であり、順当な引き継ぎの印象です。

北里大学大学の創始者のみならず「破傷風菌」の発見、「血清療法」を切り開くなど日本の細菌学の父と呼ばれています。

2,024年は5年後ですから、その頃には新しいお札が続々と登場し景気もグーンと良くなるのを願いたいものです。

本日の裏話は、誰でも大好きなお金のクイズ問題から、5年後に発行される新札の情報でした。

五年後って、麻生太郎先生はその時もまだ、財務大臣をやっていますかね? 心配のタネはその辺かもね~。なーんちゃって!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください