クイズ問題の変化球とは?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本語に関する常識的な問題が毎回出されていました。

言葉の意味を直接問うのでは、クイズでは無く「国語の試験」と同じでそうした手法は避けています。

そのため言葉に変化球を加えて、思考を迷わせる事もありました。その典型的な問題をご紹介しましょう。

第11回の国内第二次予選、久伊豆神社で次の問題が出され挑戦者を惑わせました。

問・何をやってもだめで、不吉な事が起こる日。これを陰陽道(おんみょうどう)でいうと何日?

答・厄日

解説 この問題の変化球は「陰陽道」一言です。占いの種類には違いないが「この知識は無いぞ」と思考が停止。

前振りで「陰陽道」が付いたために、古い占いの流派らしいが、その知識は皆無なのでギブアップとなってしまうようです。

直接、「運が悪くついていない日は?」と問われれば、日本人の大多数が「厄日」と答えられる超易しい問題なのです。

因みに「陰陽道」とは、古代の中国で生まれた自然哲学思想で、日本に入ってからは、独自の発展を遂げた占いの一種です。

これに携る者を「陰陽師」の家系として、古くから日本全国に伝わっているのです。

そう言えば、2,001年に「陰陽師」との映画が作られ、当時話題になりましたね。

滝田洋二郎・監督、野村萬斎・主演で、怨霊に取り付かれた人物を救う摩訶不思議な世界を描いた作品でした。

能楽師の野村萬斎氏は、この映画の印象が強かったのか、アイススケートの羽生結弦選手の振り付けを担当、成功させています。

その関連か?東京オリンピック・開会式の総合演出を担当するなど、世界的な舞台で脚光を浴びる事になりそうです。

能楽自体が日本の伝統文化なので、世界中の人々を感動させる開会式になりそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください