財閥の創始者物語

アメリカ横断ウルトラクイズの問題は、人々の興味を惹く事象を中心に創られていました。

多くの人の関心を集める事に、成功した人物の歴史を知りたいとの欲望があります。

どの様な環境に生まれ、何が切っ掛けで才能を開花させたのか、誰でも自分の人生と比較して考える事でしょう。

偉人と凡人の分かれ道は? それが解れば問題は無いのですが、これを探すのが若い時代の勉強でしょうね。

前置きはさて置き、世界的な成功者の謎を問うクイズ問題が第5回のヒューストンで出されていました。

問・フォードは自動車、ロックフェラーは石油。では、カーネギーは何で巨万の富を築いた?

答・鉄

解説 アメリカの三大財閥と言えば、当時は問題にある「フォード」「ロックフェラー」「カーネギー」が知られていました。

これは四〇年も前の話で、現在は財閥の地図も大きく変動し、特にIT   関連の創業者が財閥として登場しています。

アメリカを代表する財閥のアンドリュー・カーネギー。創業者は1,835年にスコットランドで生まれています。

1,848年、13歳の時に両親と共にアメリカへ移住。少年時代から作業員、電信配達夫など下済みの生活を経験。

やがて鉄道会社で昇進し、後に実業家として独立したのです。最初の会社が「鉄鋼会社」でした。

その動機は、大水で橋が崩れて流される状況を見た事でした。木材や石の橋に代わって頑丈な鉄橋に生まれ変わったのです。

当時は世界一の鉄鋼会社として「鉄鋼王」と称され、カーネギー財団を創設。教育や芸術など多方面に資金を提供しています。

中でも有名なのは、ニューヨークにある「カーネギーホール」でしょう。

このホールでコンサートを開くのは、世界中のアーティストの憧れであり、目標とも言われています。

本日の裏話は、財閥の創始者とは如何なる人物なのか? その代表として「世界の鉄鋼王」の成功物語の一端をご紹介しました。

今年の日本は台風や大雨で、各地で河川が氾濫しました。その中でも鉄橋は頑丈で流される事もなく頑張りました。

これぞ鉄の守り! カーネギーさんのお蔭かもしれませんね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください