常識の裏側を考えよう

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題には、常識の中の盲点を突いたクイズが時々出されていました。

誰でもが常識と思っていた事が実は誤りであり、「真実はこれ」という事象を見つけて問題を創っていたのです。

この種の問題は、○×問題に多く使われていて、とっさの判断で決断しなければなりません。

第5回のハワイで行われた「クレーン宙吊りドボンクイズ」で、次の問題が出されていました。

ニワトリのメスも齢を取るとトキをつげるようになる。〇か✖か?

答・〇

解説 「コケコッコー」と鳴くのは雄に決まっている、というのが一般常識です。

処が、現実は雌のニワトリも齢を取るとホルモンの関係で卵巣が一つ退化して、雄のようになってしまうのです。

人間も同じように齢を取ると、女性的な振る舞いを忘れ、男性的な言動をする人が時々いますね。

そこでホルモンとは何か? 調べて見ました。

辞書によると、生体内の特定の器官の働きを調節するための「情報伝達物質」なのだそうです。

簡単に言うと、身体の組織に変化を起こさせる物質で、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスで感情を動かすようです。

人間も動物も、ホルモンによって感情が変化する訳で、これは生物の特徴かも知れませんね。

医学の進化で、男性ホルモンも女性ホルモンも、それぞれ独立して薬剤があるのでコントロールも自由です。

男性的、女性的、それぞれ理想の性格はホルモンの投与によって造られるようで、人間の知恵は凄いですね~。

本日の裏話は、常識の盲点を突いたクイズ問題のお話でしたが、現代は人間の性格まで変えられる時代なのですよ。

「それなら夫をもっと男性的に変えたーい!」との奥様もいるのでは? 否その反対もいるでしょうね。どちらが多いのかな~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください