世界の音楽事情を覗くと?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は日本国内の事象は当然として、世界中の出来事から出題されていました。

日本と世界で共通する知識もありますが、逆に国が変わると全く異なる事も結構あります。

現代はインターネット時代で、世界中の出来事が瞬時に解ってしまうので、共通の表現で理解出来てしまいます。

しかし、ウルトラ・クイズが放送されていた時代は「アナログ世代」と呼ばれ、現代のデジタル人間とは異なっていたのです。

従って、次のようなクイズ問題も成立していたのです。今では問題餞別会議で「没」となってしまうのは確実でしょう。

第7回のジャスパーで、そのアナログ問題は出されていました。

問・歌という意味のフランス語は「シャンソン」。では、歌という意味のイタリア語は?

答・カンツォーネ

解説 「歌」または「歌謡」を意味します。フランス語のシャンソンは「歌謡」「小歌」を意味します。

英語の場合はSonngですが、その他に「ロック」「フォーク」など種類ごとに呼び名が変わるのはご存知の通り。

また、流行歌はPopularと区別され、日本では「歌謡曲」と呼ばれています。

この中でも「ご当地歌謡」「ムード歌謡」など種類を分類、CDや番組で紹介されていますね。

また、「民謡」「童謡」「小唄」など細かな分類もあって、それぞれの愛好家が楽しんでいます。

歌は、昔から心を癒す手段として世界中の国で、それぞれ伝承され他の国へも波及しています。

特に、日本が生んだ音楽文化では「カラオケ」が有名で、世界中の人達が熱中してますね。

と、いう事はカラオケの発明者は人類を楽しませた功労として「ノーベル平和賞」をもらっても良いと思いますよ。

本日の裏話は、現代人にとっては「アナログ人間」と呼ばれた時代のクイズ問題を振り返り、音楽に関しての蘊蓄でした。

くどいようですが、カラオケの発明者に「ノーベル平和賞!」どう? 授賞式にはカラオケ世界選手権なーんちゃって~。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください