日本語は難解ですね~

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題の中には、日本語の意味や方言、語源などを問う問題が多数ありました。

クイズは知識を競うゲームですから、日本人の常識として「日本語」に関する問題が多いのは当然です。

そこで、一般に良く使われる言葉に関する問題を振り返ってみました。

お正月に使われる言葉も、幾つか含まれているので、考えて下さい。クイズとしては易しい部類の問題です。

第11回のロスアンゼルスで出された問題でした。

問・「騒ぎ」「ていねい」「力」「正直」これらの言葉に共通して頭に付く二文字といったら何?

答・バカ

解説 多くは名詞の上に付けて用います。意味は「程度がはなはだしい」となります。

酒を飲んで「バカ騒ぎ」は傍迷惑な行為で、褒められた事ではありません。「酒は飲んでも呑まれるな」良い諺ですね。

正月早々、新年会でバカ騒ぎはよくある事です。自分たちは楽しくても周囲には迷惑千万ですよね。

また、新年の挨拶で「馬鹿丁寧」は一見良さそうですが、これも相手を恐縮させるだけで、やめた方が良い行為でしょう。

バカは名詞の上に付けて「接頭語的に用います」が、程度がはなはだしくなるので、日本語は難解ですね。

日本で生まれ育った日本人なら、日本語を正確に理解し「丁寧語・尊敬語」「ため口」の使い分けをするべきでしょう。

言葉の使い方一つで、人間の品格が決ってしまうのが日本の世の中です。

本日の裏話は、日本語の常識的なクイズ問題から、日本語は難解で使い方に配慮しましょうとのお話でした。

その点、英語は「You」の一言で「キミ・お前・あなた・貴様」等、数多くの意味を一括して便利ですね。

そこで新年の提案。日本人も子供の頃から英語教育を徹底し、国際人として世界へ進出しましょう。

話は、初夢になってしまいました。お屠蘇の飲み過ぎですね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください