毎週「難問」が出る理由は?

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は世界の森羅万象の中から創られていましたので、難しい問題もありました。

ロケでは毎週、易しい問題、普通の問題、難しい問題を適度に組み合わせて出題するのが基本でした。

これは挑戦者に限らず、テレビをご覧の視聴者の皆さんにも、クイズに参加して頂くための配慮です。

家族でご覧のご家庭では、老若男女問わずに見て下さっている訳で「お爺ちゃんスゴイ!」と孫が驚く場を作りたかったのです。

反対に大人が解けない問題を、小学生が正解すれば家族の会話も盛り上がる事でしょう。

この番組はゴールデン・タイムの放送でしたから、常に家族揃って楽しめる工夫を凝らしていたのです。

そんな中で、超難問が数多く出題されたのが、第13回のボルチモアで行われた準決勝でした。

ウルトラクイズ史上に残る大接戦で、強烈な挑戦者たちの戦いになったためと言えます。その難問とは?

問・ソクラテスは弟子たちに「悪妻をもらえば何になれる」といった?

答・哲学者

解説 ソクラテスの妻、クサンティッペーは悪妻として有名でした。従って自分の体験を弟子たちに伝授したかったのでしょう。

この問題は、哲学を学んだ人には常識でしょうが、準決勝の四人は競って早押しボタンを押したのです。

この場面は、視聴者の皆さんにとって「クイズの名人戦」を見ているような気分を味わった事でしょう。

放送の翌日には、視聴者の絶賛のハガキが全国から多数寄せられ我々スタッフも大喜びした記憶があります。

ボルチモアは、アメリカ合衆国がイギリス海軍と戦った最後の戦場です。

二五時間もの間、イギリス艦隊はボルチモアの要塞目がけて砲弾を撃ち込んだのに、ビクともしなかったと伝えられています。

イギリス軍は、諦めて引き揚げて行き、やがて独立国誕生につながるアメリカにとっては記念するべき地でした。

本日の裏話は、クイズの中の難問に関する「存在価値」についての思い出話でした。

これは三〇年も前の番組ですが、その裏話を毎週読んで下さる方が多数いる限り、本年も記憶を呼び起こしたいと思います。

結論! 今年も快眠、快食で頑張りますよ。私も傘寿を超えました。ボケない様に気を配りま~す……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください