手遅れにならない健康生活を

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は森羅万象の中から創られており、易しい問題から専門家の知識に近い難問もありました。

とはいえ、クイズ・マニアは知識欲が旺盛なので、難問に対しても正解する事も多く、視聴者を感心させる人もいました。

第16回のレイクパウエルで、医学部の学生に対する試験問題のような「専門知識」を問う問題があり正解していました。

問・人間の膵臓から分泌されるホルモンで、グリコーゲンの合成を促進し、分解を抑制する働きをするものと言えば何?

答・インシュリン

解説 この問題を普通の人が聞けば、問題が読みあげられている内に思考が停止するかもしれません。

但し、健康に関心のある方は「膵臓から分泌されるホルモン」と聞けば糖尿病を連想し、正解を思い付く事でしょう。

実は糖尿病患者は、全世界で1億2千万~1億4千万人。我が国では約650万人と言われ重大な問題になっているのです。

原因は様々ですが、栄養の過多、肥満、運動不足、アルコール量の増加などライフスタイルにあるようです。

しかも、初期の頃には自覚症状がないので、当人が気が付かず進行するまで放置される事が多いのです。

また、怖いのは糖尿病そのものよりも、合併症により「失明」動脈硬化性心疾患などにより死亡する事もあるのです。

何れにしても、食べ過ぎ、飲みすぎ、肥満とくれば心当たりの人も多い筈。日常的に家族に注意されている人もいるでしょう。

日本の人口は約1億2千400万人。その中の650万人ですから「俺は大丈夫」などと呑気な事は言っていられませんよ。

本日の裏話は、超難問と思われるクイズ問題の話から、誰にでも心当たりがありそうなライフスタイルのお話でした。

「腹も身の内、食べ過ぎにはご用心!」昔の人は良い言葉を残していますね。

人生100年時代と言われていますね。健康で長生きしてこそ、価値ある人生です。長生き目指して今日から頑張りましょう~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください