昔懐かしい問題です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、日頃の日常生活の中から出される事も多く、ツイ見過ごす盲点を突く事もあります。

クイズに強い人は、森羅万象の何事に関しても、注意深く観察し記憶する癖がついているようです。

よく見かける状況で、見落とす典型的な問題が第10回のモニュメントバレーで出されていました。

問・水たまりでよく見かけるアメンボ、足は何本?

答・六本

解説 アメンボの足が何本か? これを観察して数える人はおそらく居ないでしょう。でも、解る人は多いはずです。

アメンボが「昆虫」である事を知っていれば、その法則によって足は六本であると正解出来ます。

中学校の理科の勉強で習った事で、義務教育の中で身に付く一般常識の問題だった事が理解出来ますね。

処で、番組が放送されていた昭和の時代は、自然が豊かで田舎は勿論、都会でも池や水たまりがあちこちに見られました。

そんな場所に、アメンボがスイスイと水上を移動していました。また、トンボも日常生活の場で当然のように見かけられました。

そのように振り返ると、この20~30年の間に街の風景は大きく変貌して、ビルやマンションなどコンクリートの建築に変化です。

これは日本だけでなく、お隣の韓国や中国の風景もすっかり変わってしまい、淋しい気分の高齢者も多いでしょうね。

時代と共に、世の中が変化するのは当然の事ながら、最近はスピードが速まった感がありますね。

本日の裏話は、アメンボのクイズ問題から時代の変化にまで話が及んでしまいました。

そこで結論です。人間は「時の流れを早く感じるのは齢を取った証拠」と言われています。

私も若い積りでしたが、人並みに歳をとりました~、です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください