名画の秘密です

アメリカ横断ウルトラ・クイズの問題は、世界中の森羅万象から出されていましたので難問と感じる問題も結構ありました。

しかし、正解が解らなくても「感」を働かせれば勝ち残る事も可能なクイズ形式がありました。

ご存知「○×クイズ」です。特に第一次予選の場合は「感」悪くても他力本願で、数の多い方に付いて走る場合もありました。

「自分を信じて走れ!人の後を追っては後悔するぞ」。MCのトメさんが毎回声を枯らして叫んでいた姿が懐かしいです。

では、その第一次予選での迷う「○×クイズ」を振り返って見ましょう。

第5回、後楽園球場で出された次の問題です。

問・イエス・キリストの「最後の晩餐」はパンと水という質素なものであった。正しいですか?誤りですか?

答・誤り

解説 キリスト教の信者の方なら「簡単」な常識かもしれません。でも、信教の自由の日本では他の宗教の方が多数です。

自分の宗教と異なる宗派には、殆んどの人間が無関心というのが一般的な心情でしょうね。

となると、この問題は雲を掴むような訳の解らない設問の部類に入ってしまいます。

実は、キリスト教ではパンはイエスの身体、葡萄酒はイエスの血と信じられています。

「最後の晩餐」はルネサンスの巨匠レオナルド・ダ・ビンチが教会の食堂に描かれた壁画です。

イエスが十字架に架けられる前、12人の弟子と共に最後の食事会を開いた姿を再現した絵として世界的な名画と言われています。

イエスは葡萄酒をとって「これは多くの人のために流す我が契約の血だ」とマタイ二六章二六節に記されています。

キリスト教の信者にとっては、ワインは有難い存在で、そう言えば世界中で毎日膨大な量が飲まれています。

教祖様の教えとなれば反対も出来ず「毎日遠慮なく飲める」、お酒好きにとっては、実に有難いお酒ですね。

ビール、日本酒ウイスキー、焼酎など他のお酒には、こうした有難い伝説は無いのでしょうかね?

いや、調べれば数多くの伝説がありそうですよ。その証拠に酔っぱらいは勝手な理屈を付けて、一年中飲んでますからね~。

酒は百薬の長といいますが何事もホドホドが良いようで……。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください