緊急事態で罰ゲーム免除?

メリカ横断ウルトラ・クイズは17回も行われたので、例外的な出来事も時々起ります。
特に最初の頃は、我々も手探り状態でスタートしたので、思わぬハプニングに見舞われる事もありました。
例えば、第2回の第9チェックポイント、デンバーでの出来事は反省材料が多く、その後のクイズ形式のアイディアに大きな影響を与えています。

本来、クイズ形式を考える時には、回答者が苦戦する様子が面白いという目的がありました。但し、その苦戦の状態にはユーモアが感じられるものでなければ、視聴者は楽しんでくれないでしょうね。
だから、バラ撒きクイズのように、苦しみながら走り、ようやく問題を拾ってきて、封筒を開いたら、なんと「ハズレ!」というカードが出てくる。
挑戦者のがっかりした顔と、福留さんの意地悪そうなコメント、このコントラストが笑える材料となって、定番のクイズ形式になりました。

バラマキクイズ

ハズレ

論、新しいクイズ形式の場合は事前にシュミュレーションを行って、安全性を確認して本番に臨んでいましたので、大きな事故も無く番組は進行していました。
でも、考えてみれば第2回の頃は、はまだそこまでの事前準備はなされていなかったように記憶しています。
その結果、アイディアが先行して本番に臨んだために、ハプニングが起きたのだと思います。

この時のクイズ会場はデンバーから車で2時間ばかり移動したコロラド・スプリングスでした。 
ロッキー山脈の1つ、パイクピークは、まだ9月だというのに山は雪で気温はマイナス2度Cという環境です。

pikes-peak

ここで行われたのは、「酸素欠乏・耐寒クイズ」と題した、挑戦者にとっては身体的に厳しいクイズ形式でした。
この場所は標高4,000mで、普通に座っているだけでも酸素が薄いので、行動がしんどいのです。
その上、マイナス2度という中で、お手付き、不正解の場合は、着ている物を1枚づつ脱いでいかなければならないというルールでした。
勿論、我々は緊急に備えて酸素ボンベや毛布は十分に用意していました。

も、番組が進行するうちに、誤答を繰り返す人は、次々と衣装を脱がなければなりません。
結果的に不運に見舞われた敗者は、半袖のTシャツ1枚になってしまったのでした。
酸素が薄い上にマイナス2度C。
しかも敗者は若い女性だったので、急遽ドクター・ストップがかかってしまったのです。

その時に準備されていた、寒ーい体験の罰ゲームは中止となってしまったのです。
むしろ、勝った人達も含めて、クイズそのものが罰ゲームみたいな状態でした。

広辞苑も信じるな!裏付け調査の徹底

メリカ横断ウルトラ・クイズでは、クイズ問題の信頼性が番組の命といった考えが、スタッフ全体に行き渡っていました。
何故なら、第1次予選には参加者が全国から、交通費自前で集まってきます。
そして、名物となった○×問題で東京ドームの芝生の上を走りにたい、と夢を叶えるためにやって来ているのです。

後楽園予選

そこで出題されたクイズ問題の正誤が、もし間違っていたら?
想像しただけで、恐ろしい事になりそうです。
勿論、番組は成立しないし、現場はパニック状態になってしまうのは予想出来ます。
だから、何があっても問題は確実に、正誤がハッキリと分かれ、しかもそれに誤りがあってはなりません。

そのために、クイズに採用された問題の裏付け調査は徹底的に慎重に行われました。
チェックマンは、毎年何人かは入れ替わりましたので、その都度注意していた言葉があります。
「広辞苑と言えども信じるなよ!」
その位、慎重にと言う意味でした。
何故なら、「広辞苑」や「現代用語の基礎知識」を開くと、どのような問題でも裏付けが取れそうな気がするのです。
しかし、専門家によっては解釈が異なる場合もあり、多角的に裏を取らなければ安心は出来ないのです。
1問に付き、我々は3重のチェックをしていたのです。

広辞苑

れは慎重すぎる、と言う意見も有りましたが、広辞苑と言えども人間が作ったものですから、間違いが無いとは言えませんよね。

実は、最近テレビを見ていたら「広辞苑の誤り」というお話がテーマになっていました。
出版元岩波書店の言い訳は、江戸時代の書物から引用した、と言うのですが、当時その事象の裏付けは取っていなかったらしい。
担当は何十年も前の人だから、真相は解らない、との事でした。
人間がやることだから、そのような事もあるでしょう。
いや、あれだけ膨大な辞書ですから、1つ1つ全部の説明の裏など取れるはずは無いでしょうね。
だからと言って、ウルトラクイズではそのような言い訳は出来ません。

当時、クイズ問題をチェックをしたメンバーにしてみれば、我々の厳しい注文が今頃になって理解出来るのかもしれません。
彼らのお陰で、17年間問題で大きな問題も発生せずに、番組が進行できた事は奇跡に近いと思います。
このような裏方のお話は、あまり話題になりませんが、実は彼らも番組を支えた功労者でした。

古代インドの宇宙観

スタッフ全員が涙

メリカ横断ウルトラ・クイズは全部で17年間にわたって放送されました。
ですから、1回から17回までが番組のリストにあります。
しかし、細かく言えば「史上最大の敗者復活戦!」という番組が1,982年に別枠で作られているのです。

自由の女神2

この、別枠の敗者復活戦に関しては、私も思い出が沢山有ったので、昨年の11月に3回に分けて、このブログで書いています。
その話と重複しない内容で、もう1つ思い出した事が有りますので、今日はそのお話を書いてみようと思います。

は、この番組は私にとってプロデューサとしてのデビュー番組だったのです。
それまでの私は、番組の構成作家として参加していましたが、全く突然に
「プロデューサーを引き受けて欲しい」
と要請され、引き受ける羽目になってしまいました。
その辺の経緯は前に書きましたので、省略いたしますが、この番組にはあまりにも悪い条件が重なっていました。
 
その1、準備の時間が少なすぎる。
その2、放送枠が悪すぎる。大晦日のNHK「紅白歌合戦」の裏番組である。
テレビ業界では、この枠で番組を制作するのは自殺行為に近いと言われている枠なのです。
その3スタッフが少ない。
この様な悪条件で番組を引き受けた訳ですから、仲間からは「お前はアホか?」と言われたものです。

だけど引き受けたからには、最後までやり抜かなければプロとは言えません。
準備の時間が少ないのは、頑張れば乗り切る事が出来るでしょう。
但し、クイズ問題に関しては全て私に任せて欲しいという条件を出し、これを了承させたので、普通よりは気持ちが数段楽になりました。

「紅白の裏番組」という問題は、実はその数年前に「裏番組をブッ飛ばせ!」という低俗番組と悪評の高かった番組を構成作家として参加していたので、驚くほどの事では有りませんでした。
問題はスタッフが少ないという点です。
ウルトラ・クイズを経験しているディレクターは、全員その年に放送される番組の仕上げ作業に取りかかっていたので、1人も参加できません。
そこで、私は高校生クイズの経験者をはじめ、日頃親しい仲間に声を掛け、参加してもらう事にしたのです。
 
ところが、彼らにも周囲からチクチクと嫌味な言葉が耳に入って来たそうです。
「ウルトラ・クイズを傷つけるような番組を作るなよ」

これは、受け取りようによっては励ましの声かも知れませんが、プレッシャーになる事だけは事実です。
そうなると、構成作家も、ディレクターも本編よりは、少しでも優れた作品を作ろうと、全員の心が1つにまとまってくるものなのですね。
「なにくそ、本編に負けるものなんてつくるか!」
という反骨精神です。
お陰で、会議では面白いアイディアも沢山出されたし、実にチームワークが良く、短い期間でロケも順調に進行しました。

そして大晦日の決勝戦生放送のぶっつけ本番でした。
我々が、サブコン〔番組をコントロールする副調整室〕に入ると、何とそこには日本テレビの幹部がずらりと顔を揃えていたのです。
大晦日ですから本来なら自宅で家族と団らんの時のはずです。
それを、我々の番組のために個人生活を犠牲にし、生放送に立ち会ってくれていたのです。
これだけで、この番組が如何に期待されていたかが覗えます。

後の決勝戦が終わり、エンディング・テーマ曲がかかると、幹部の皆さんが全員が立ち上がって、我々スタッフに向かって大拍手となり
「面白かった、有難う。ご苦労さん!」
と声を掛けてくれたのです。

それを聞いたTディレクターの目からぽろぽろと涙があふれ出ました。
恐らく、本編を傷つけるような作品になってはいけない、という緊張の糸が切れたのでしょうね。
この涙はその場に居合わせた全スタッフに、次々と伝染し、感動の涙の渦となったのです。
それまで、私は感動で涙を流した経験は有りませんでしたが、この時ばかりは、それを抑える事が出来ませんでした。
仕事で、これ程感動出来るなんて、実に良い職種を選んだものだと思いました。
その意味では、ウルトラクイズ 有難う と言いたいです。

水滴

女性が断然強い回

メリカ横断ウルト・クイズは17年もやりましたから、時には大きな番狂わせが起きる事もあります。
その、代表的な例は第4回に起きました。
後楽園球場の○×クイズを潜り抜け、成田のジャンケンにも勝ち、難関を突破して、アメリカ本土に上陸したのは男6名、女4名のラッキーな挑戦者が10名でした。
この中には、ご夫婦揃って本土まで駒を進めたカップルもいました。

本土ではサンフランシスコからニューオリンズまで、6つのチェックポイントでクイズが行われましたが、その6ヶ箇所で敗者となったのは、全員男性でした。
つまり、毎回男性がクイズに敗れるので、残ったのは女性ばかり4名になってしまったのです。

といって、当時出題された問題を調べてみると、女性が有利の問題ばかりが出されたというわけでは有りませんでした。
いや、それどころか機内ペーパー・クイズでは、最下位という成績だった女性が、何と準決勝の地、プエルトリコまで進出してしまったのです。
これは番狂わせと言うか、大荒れの展開です。
我々は、毎回1番初めに勝ち抜ける人と、逆に敗者を予想しているのですが、この回ほど予想を裏切る結果になったのは、初めてでした。

んなクイズと運の強い女性軍4名を載せて、ニューオリンズから、マイアミ経由でカリブ海に浮かぶ魅惑の島、プエルトリコに向かいました。

プエルトリコ

準決勝は女性4名による、早押し通過クイズです。
3問正解すれば、ニューヨークを賭けて、通過クイズに挑戦出来るというおなじみの形式です。
ここまで来ると、機内最下位だった女性も自信が出たのか善戦し、中々迫力のあるクイズ戦を繰り広げました。
正に女同士の戦いで、これは当時話題になったものです。

果は当時21歳のOLだったUと、同じく20歳のOLMが勝ち抜き、ニューヨークに進出したのでした。
ウルトラ・クイズでは毎回断トツに強い優勝候補が2人か3人居て、視聴者も誰が勝つか予想を楽しむような傾向があったのですが、この時ばかりはそのような予想が、次々と裏切られていました。
戦後、女と靴下が強くなった、と言う言葉がありましたがそれを実証した 第4回でした。

サッチャー

○×問題の最大の失敗作は?

メリカ横断ウルトラ・クイズのクイズ問題で、1番苦労したのは○×問題である、という事は今までにも何回かこのブログで書いてきました。
では、その苦労した問題の中で最高の傑作は、と聞かれると返事に困ってしまいます。
我々は、採用された問題はどれを取っても傑作だと思っていますし、挑戦者の立場になれば、自分が誤答した問題を忘れられない問題として記憶しているでしょう。
それだけに、○×の問題は作るのが難しいし、採用にも慎重を期しました。

そのような中で、記憶に残る失敗作を挙げるなら、確かに1問だけありました。
それを発表する前に、○×問題の大事な必要項目を挙げて見ます。

1、耳で聞いて、問題点が確実に理解できる事。(これは、泥んこクイズのように、瞬時に判定出来る事が必要だからです)
2、正解率は50%が理想である。(東京ドームの様な会場を想定すると、正誤が半々に分かれるのが望ましい)
3、常識の盲点を突いた問題が望ましい。
以上の様な条件を付けて、クイズ問題を作家達に発注していました。

○×問題の最大の失敗作は第2回の後楽園球場の2問目に出題されました。

・歌手、山口百恵は本名である。×か? という問題でした。

因みにこの問題を作った作者が悪い、という事を言っている訳ではありません。
当時のスーパー・スターを題材にした訳で、これ自体は何ら問題は有りません。
むしろ、この失敗作の責任は、クイズ選考会議そのものに有りました。
プロデューサーやディレクター、構成作家など日頃、偉そうにクイズ問題に注文を付けていた我々が、この問題を採用したのですから、責任があるのは当然です。
何故、この問題が最大の失敗作だったのかは、結果が表していました。
699人の挑戦者に出され、なんと 699人中誤答したのはたった1人だったのです。
つまり、99,9%が正解した訳で、これでは正解率50%には到底及びません。

クイズ会議の細かい状況は思い出せませんが、多分この様なやり取りがあったと思います。

否定の意見・「山口百恵が本名なのは、日本人なら常識ですよ。間違える人なんていない」
肯定の意見・「いや、そういう思い込みがキミの欠点だ。一般の人は知らないよ」
否定の意見・「こんな問題を採用したら、大恥をかきますよ」
肯定の意見・「やってみなければ解らない。勝負しようじゃないか。採用決定!」

第2回と言えば、番組もまだ始まったばかりで、我々も手探り状態だったのです。
だから、我々の常識が世間の常識と思い上がっていたのかも知れません。
本当は世間の常識の方が、ずっと先を進んでいる、という事をクイズ問題を通して知ったのでした。
世の中、なめたら あかんぜよ という事ですよね。(古いですね)

ろくろ_失敗

アメリカ横断!ウルトラクイズの裏話