tsutomu のすべての投稿

不思議、ロスの水源は砂漠の真ん中にあった

メリカ横断ウルトラクイズで、我々はアメリカの中をアチコチと歩き回り、ロケをする場所を探しまわりました。
お蔭で、アメリカの成り立ちや、現状、問題点などを随分勉強させられました。
その中で、視聴者が興味を持ちそうな場所を訪れ、クイズ会場となる場所を決めていたのです。
中には、一般常識で考えても不思議な場所があったりします。
その代表的なのは第9回の時に訪れたラスベガスのミード湖です。

ミード湖


ラスベガスと言えば、砂漠の中に忽然と現れるギャンブルの街です。
そこから、南東の方角に約40キロほど走った場所にミード湖はありました。
砂漠と言えば雨が全く降らない乾燥地帯というのが、一般的な常識でしょう。
そんな場所に何で湖があるのか、これが第1の不思議
次に湖の水は何所からやってくるのか、これが第2の不思議

こで、この謎を解きながらミード湖の成り立ちを説明しましょう。
ミード湖は世界最大の人造湖なのです。
長さが185km、周囲が885kmと言いますから、とてつもなく大きいことがお解かりかと思います。
しかも、湖畔一帯がキャンプ場や水上スポーツ、釣りなどが楽しめるレジャー施設になっているのですから、アメリカ人のやる事は桁外れにどデカイのが解ろうと言うもの。

は、ここの水は何所からやってくるのか? 
そのような疑問が沸いてきます。
実は遥か離れたロッキー山脈の山奥を水源とするコロラド川が砂漠地帯を流れていたのですね。
そこで、これを堰き止めて、砂漠の中に大きなダムを作ろうという計画が出来上がったのです。
そうなると、この工事に携わる人材が必要になります。
アメリカ中から労働者が、この砂漠地帯に集まってきて、建設ラッシュになったわけです。
そこで完成したのが有名なフーバーダムなのです。
この時、砂漠の中の作業員を慰安しようという目的で、ラスベガスが出来たという話も聞きました。
こうして完成したフーバーダムで発電された電力は、カリフォルニア州、アリゾナ州をはじめ、電飾で飾られたラスベガスの電気も全てここの電気が使われているそうです。
時に完成したのは1936年と言いますから、ラスベガスの歴史もそんなに長いわけではなかったのですね。

ラスベガス


て、ミード湖の水ですが、遠く500kmも離れたロスをはじめ、南カリフォルニア一帯の水源として使われているのだそうです。
つまり、このダムが完成したお蔭で、ロスサンディエゴも、現在のような発展が出来たのかもしれません。

このような現代アメリカの事情を調べながら、ウルトラクイズは番組を作っていました。
でも、当時はそのような本質は陰に隠れて 「ジャンケンに勝てばアメリカに行ける」みたいな馬鹿馬鹿しい部分だけが目立って、軽薄な印象もありましたが、本質は結構真面目な番組だったのですよ。

現在では、池上彰さんの易しく学べるお勉強番組がヒットしていますが、手法は違っても、本質は似ているように思いませんか?

こういうのを勝手な押し付けというのでしょうね。

メサの上は天上の別天地だった

メリカ横断ウルトラクイズのロケが行われた場所を思い出すと、何といっても多かったのは西部劇の舞台のような、荒々しい荒野ではないでしょうか。

特にカリフォルニア州のモハーベ砂漠や、モニュメントバレー、レイクパウエルなどは何回となくクイズ地として訪れています。

のような中でも、西部劇の舞台でおなじみのモニュメントバレーは、景色を見ているだけで、その辺からジョン・ウェインが馬に乗って現れそうな錯覚におちいるほど、西部劇ファンにとっては懐かしの場所でした。

この景色で欠かせないのは、メサと呼ばれる突起した台地でしょう。

モニュメントバレー

この辺は太古の昔、海だったのだそうです。

だから、今でも砂地でアチコチで貝を発見する事が出来るのだそうです。

第6回でモニュメントバレーへ行った時には、2人の女性が敗者となり、罰ゲームはこのメサの上で、飲まず食わずで1泊2日過ごして頂くというものでした。

こは、東京タワーよりも70メートルも高い、地上400メートル以上の台地なのです。

そんなところで、若い女の子が2人だけで夜を過ごして貰うなんて、危険じゃないの? と心配する人もいるでしょうね。

でも、治安に関しては全く安全地帯なのです。

なぜって、ここは断崖絶壁の高い台地で、浮浪者がやってくるような心配は全くありません。

又、野生のコヨーテのような危険な動物も、登れないような絶壁の上ですから、そのような危険はありません。

ただ、若しかするとサソリガラガラ蛇は居るかも知れません。

だから、その辺の注意事項は徹底して、お泊り頂くことになりました。

敗者のお二人さんはヘリコプターにのって、天上の別天地に向ったのでした。

はその後、第何回だったか忘れましたが、このメサの上をクイズ会場にした事がありました。

その時は、スタッフ、挑戦者ともにヘリコプターに乗って、クイズ会場へ行ったのですが、後にも先にも全員がヘリコプターで移動したのはこの時しかありませんでした。

何故なら、撮影で使う機材もセットも全てヘリで運ぶのですから、手間も費用も膨大に掛かってしまいます。

しかし、それだけの事はあって、ちょっと味わえない景色の中で、クイズが行われたのです。

私も、以前からメサの上は一体どのようになっているのか興味がありました。

そこで、細かく観察したのですが、単なる天上の広場のような場所でした。

周辺の砂漠地帯と変わらぬ雑草が生えていて、高原の小さな花が咲いていました。

考えてみれば、高原ですから、高原植物があってもなんら不思議ではありませんよね。

日本だったら、別荘地として開発出来そうな絶景です。

でも、地上と結ぶ道路がありませんし、川も水も無いので、人が生活するにはとても無理な状況です。

monument-valley
これぞ、天上の別天地というのでしょうね。

罰ゲームを受けたお二人も、過酷だったとは思いますが貴重な体験ができたのではないでしょうか?

恐れを知らぬウルトラクイズ

メリカ横断ウルトラクイズは放送当時、高い視聴率を獲得したお蔭で、予算も特別扱いで、今風に言えば「何でもありー」といった強気の姿勢になっていました。
そのような雰囲気はスタッフ全体に浸透していたようで、面白そうな企画なら、何でも実現出来るような錯覚に陥っていたのではないでしょうか?
そうでもなければ、我々だってとても思い付かない様なアイディアを出したりしません。
でも、あの当時は
常識を超えたアイディアを出せ」
と上層部から注文され、我々もそれを実行していたのです。

れが顕著に現れたのが、第9回ニューヨークだったように思います。
あの年は、決勝の地をニューヨークからパリに変えていたのです。

これも番組がヒットしたお蔭で、パリシラク市長から
「何故ニューヨークが決勝地なの? 世界の文化の中心地はパリですぞ。ムッシュー!」
というラブコールをもらったのだそうです。
そのような事情で、アメリカを突き抜け、パリまでコースを伸ばして番組が作られたのです。
市長様からのリクエストとなれば、
「クイズ会場もエッフェル塔が一番美しく見える広場が良い
と我儘なリクエストを出したところ、 これもあっさり了承されて、トルカデロ広場に決まったのでした。

トロカデロ広場


うなると、ニューヨークでも滅多に実現出来ない場所で、周囲が思い切り驚くようなクイズをやろうという事になったのです。
とはいえ、我々は単なる民間のテレビ番組です。
公共の場所を独占して、衆人環視の中で撮影をするなんて、そのような大胆なアイディアは出てきません。
しかし、常識を超えたアイディアを‥‥。
こんな注文が毎回の会議で話題になり、ついにニューヨークの5番街を独占して、マラソンクイズをしよう、というとんでもない案が提出されました。
いくら何でも、そんな乱暴な企画を実現出来るわけない、と最初はみんな思っていました。
ところが、ニューヨーク市に我々の計画を打診したところ
「面白いじゃない!やって見たら」
という思わぬ反応だったのです。

そうなると、もうブレーキが利きません。
どのようなアイディアであろうと、最初から無理と思わず、何でも挑戦しようという姿勢はこの時から始まったのです。

実にはセントラルパークを出発地に、5番街をマラソンしながら、エンパイアー・ステート・ビルまで、目抜き通りをクイズをしながら走ろうというわけです。
途中には彼の有名なティファニーグッチセリーヌカルティエなどの有名店が軒を並べ、道行く人達も一体何が始まったの?と、驚きの眼を見開いていました。
日本人は何を考えているのか? 
おそらく現在なら世論も許さないような事を平然とやっていたのです。
何でもそうですが、既成概念に囚われていたのでは、新しい事は出来ない、という言葉があります。
その意味では、我々の
ウルトラクイズの時代は、まだ初挑戦と言えるような未知な分野が沢山あったので、幸せな時代だったと言えるでしょうね。

ニューヨークの5番街を我が物顔で走りながらマラソンクイズ。


このような乱暴な申請に対して、「どうぞ、どうぞ」と撮影許可をくれるなんて、アメリカという国は本当に懐が深いと感謝した出来事でした。

勝てば天国、負ければ地獄

メリカ横断ウルトラクイズが放送された1970年代には、まだテレビで世界を旅するような番組はあまりありませんでした。
ですからアメリカに限らず、世界の風景を紹介するのも、この番組の狙いであったのです。
そのため、アラスカの氷河極圏のバロー世界一のイグアスの滝など、観光の名所を訪ねる様な事も多かったのです。

そのような中で、景色が最も美しかったのはどこか? 
と聞かれるような事があります。
勿論、個人の趣味も好みもありますので、これを一言でいえるような問題ではありませんが、私の印象では、第13回で訪れたニュージランドクイーンズタウンは外せない場所だったと思います。

クイーンズタウン2

の前にニュージランドについて、簡単な豆知識をご紹介しておきましょう。
この国は、幾つかの島で形成されていて、広さは北海道を除いた日本とほぼ同じくらいの国です。
イギリスをはじめヨーロッパから移り住んだ白人が多く、西洋文化をそのまま持ち込んだ、といった雰囲気です。

人間が棲む以前は野鳥の楽園で、何故か牛、馬、犬、ネコ、狸、狐に至るまで、哺乳動物は1種類も生息していなかったといいます。
ニュージランドといえば現在では羊を中心とした、毛織物が特産ですが、以前はこの国に羊が1匹もいなかったなんて、信じられないような話ですね。
また、今でも野生のへびは1匹も居ないのだそうですから、へびが苦手な方は安心して森の中を歩く事が出来るわけです。

のニュージランドの中でも、お伽の国と呼ばれているのが、クイーンズタウンです。
その昔、ゴールドラッシュでヨーロッパから渡って来た先人達が、山や川、湖など、あまりの美しい風景に「女王様に住んでもらいたい場所だ」という願いを込めて、この名が付けられたのだそうです。

湖の畔には、その頃20,000頭の羊が放牧されている牧場があり、ここが我々のクイズ会場になりました。
我々は、この御伽噺の舞台のような美しい景色の中でクイズを行なったのですが、目を湖に向けると、そこには、南半球にただ1隻しかないという優雅な姿の蒸気船が、煙を吐いて湖面を滑るように移動しています。
その優雅な姿は、アーンスロー号(湖上の貴婦人)と、いう名前でした。

クイーンズタウン

ケハンで、この船に乗ったところ、
「2時間の遊覧に、1トンの石炭を燃やさなければならないのだ。 こいつは疲れる仕事だよ」
と、釜炊きのおじさんが額の汗を拭きながら、炭ですすけた顔をほころばせて言いました。

々は「これだ!」とその場で罰ゲームにその釜炊きの仕事を採用したのです。
この地で敗者になったのは、紅一点の若き女性でした。
普段は屈強な男が3人でやる仕事を、たった1人で、しかも御伽噺のような美しい世界で、釜炊きの重労働とは……。
ウルトラクイズはやっぱり勝てば天国負ければ地獄なのでした。

懐かしのFBI

メリカ横断ウルトラクイズでは、アメリカにある知名度の高い場所で、クイズを行いました。
ところで先日、世界中を駆け巡ったニュースで、ボストン・マラソンでの、爆破テロの映像が流されました。
犯人を捜す捜査員達の姿がテレビ画面に流れましたが、中でも私の目を惹いたのは、FBIと大きくロゴの入ったウインドブレーカーを着た捜査員達の姿でした。
このニュースに限らず、アメリカで大きな事件が発生すると、必ず連邦捜査局FBIが登場します。

FBI-Boston


画やテレビドラマにもFBIは登場するので、ご存知の方は多いと思いますが、アメリカ全土にわたって捜査をするような事件はFBIが担当するのですね。
ドラマでは州警察や市の警察と縄張りを巡って、対立をしたりしていますが、いずれにしてもFBIはアメリカ国民にとっては正義の味方で、青少年の憧れの存在であるのは間違いありません。
我が、ウルトラクイズ第6回にワシントンにあるFBIの学校を訪れ、ここでクイズを行った事がありました。

学校ですから、卒業したらFBIの職員になる生徒達が全米から集まっています。
いや、アメリカだけでなく外国の警察官が研修で留学していたりして、日本の警察官でも、この学校で教育を受けた人が沢山居るのだそうです。

ウルトラクイズでも、その授業のホンの一部を体験させてもらい、番組の中でも紹介されました。
この時、我々スタッフは学校の食堂で、FBIの生徒達と同じ昼食を食べました。
食堂ですから日本の社員食堂と似たような雰囲気でしたが、中味は鳥や豚、牛など肉を中心としたボリュームのある料理が数多くあって、ビュッフェ形式なので、好きなだけ自分で取って食べた思い出があります。
当時の感覚ではアメリカの学生は贅沢だなあ、という思いがありました。

んな事があって、学生の購買部へ行ってみると、FBIのロゴの入ったキャップ、ジャンパー、ウインドブレーカーなどが売られていました。

FBI_cap


これはお土産としても、喜ばれる商品に思えたので、私も何点か買い求めました。
勿論、スタッフのほとんどが何らかの品物を買ったのは言うまでもありません。
その時に買ったウインドブレーカーは、ロケの時の雨避けには最適で、良く使用しました。
でも、難を言えばFBIという文字が目立ちすぎて一寸気恥ずかしい事もありましたが、実用品としては、実に役立ちました。

くところによると、本物の職員が着ている衣装と、お土産の製品はロゴが、少し違うという事なので、このような衣装で成りすましの犯罪は防ぐように手当てされているそうです。

ストンの話に戻りますが、背中にFBIの文字が書かれたコートを羽織った係員が、キビキビと働く姿をニュース映像で見て、何故かウルトラクイズのロケを懐かしく思い起こしました。
それにしても、あの時代には現代ほどテロも起きておらず、好きな場所でロケが慣行出来たので、良い時代だったと言えるでしょうね。
だって、今ならFBIの衣装を着た東洋人が、カメラを持ってウロウロ街中を歩いていたら 「怪しい奴!」とたちまち通報されてしまうでしょう。