機内ペーパークイズの歴史見る

メリカ横断ウルトラ・クイズには、毎回行われる伝統的なクイズがありました。
それはご存知の機内ペーパー・クイズです。

ペーパークイズ

このクイズに関しては、何度かこのブログでも書いてきましたが、第3回から400問の3者択一の形式で続けられて来ました。

第1回が800問、第2回が500問、そして第3回から恒例の400問に落ち着いたのでした。
数が少しづつ減っているのは、制作会議で激しいやり取りの結果、減っていったのでした。
数が多い方が良い、と力説する側は、クイズの実力を見るのは、沢山の問題を正解すればハッキリするという意見です。
800問は多すぎると反対した問題担当グループは、制限時間内には全問題まで考える余裕が無い、との理由での反対です。
勿論、問題の数を揃えるのは大変ですが、それ以上に考える時間も無いのに、悪戯に問題を用意する空しさが嫌だったのです。

由は兎も角、物理的にも、クイズの実施、採点、判定、この流れを短い飛行時間内に、狭い機内で行うのは無理があるのは、第1回で経験済みでした。
そこで、第2回は500問で行われました。
それでも、まだ多すぎる、という事で第3回から400問に落ち着いたのでした。

この3択問題の秘密を1つ明かします。
ここで取り上げられた問題の多くは、最初は○×問題、或いは早押し問題として、クイズ作家が考えたものだったのです。

例えば、同じ問題を3種類に分けてみます。

早押し問題として、問・ノーベル賞の授賞式は何月何日?

○×問題として  問・ノーベル賞の授賞式は毎年ノーベルの誕生日に行われる。

3択問題として  問・ノーベル賞の授賞式が行われるのは?
  ①ノーベルの誕生日  ②ノーベルの死んだ日  ③ダイナマイトを発明した日

同じテーマでもこのように、3種類のクイズが出来るわけです。
この問題の正解は②ノーベルの死んだ日であり、○×問題は×が正解になります。
また、早押しの正解は12月10日。

つまり、我々は折角クイズ作家が考えた問題を、クイズ会議でにしてしまうのは忍びないという観点から、本来ならNGになった問題を三択問題として敗者復活させていたのです。
タネを明かせば、機内400問のペーパークイズは,
クイズ問題の敗者復活問題 だったのです。

番組の功労者、ウルトラ・ハット

前回、「ウルトラハットのお弁当」を作ってもらったというお話をしました。

キャラ弁_ウルトラハット

その方の他のお弁当紹介はこちら
メリカ横断
ウルトラ・クイズの象徴とも言えるウルトラ・ハット。
今日は、このお話を書いて見たいと思います。
挑戦者が解答ボタンを押すと、帽子の上のマークが、ピョコーンと立ち上がるウルトラ・ハットは、ユーモラスな動きで視聴者に親しまれた存在でした。

このウルトラ・ハットは番組の象徴的な存在で、私達スタッフと共に世界中を旅しました。
クイズ会場に見物人が居た場所では、外人さんが一様にその動きに楽しげな笑顔を向けてくれました。
挑戦者の皆さんは、多分、あのハットが立ち上がった時の感触を忘れられない事でしょう。
ウルトラ・ハットは番組の生命のような存在なので、スタッフには大切に扱われていました。
性能は1,000分の1秒まで、正確に測れました。
なにしろ解答者のボタンを押す速さが競われていた訳ですから、これが正確でないと公正な勝負が出来ません。

の間中、ウルトラ・ハットは1個づつ専用のジュラルミン・ケースに収められ、各地を旅していたのです。
このウルトラ・ハットが初めてテレビにお目見えしたのは、第一回の第5チェック・ポイントのハワイでした。
ハワイのワイキキ・ビーチ沖に浮かぶ双胴船上で、1対1の早押しクイズの対戦が行われたのです。
これが番組史上、ウルトラ・ハットのデビュー戦だったのです。

それからはアメリカ本土をはじめ、南米大陸、オーストラリア、ニュージランド、イギリス、フランスと各地を我々と一緒に旅をしましたが、或る時、税関の検査で
「これは何だ?」
と説明を求められた事がありました。

悪くその場に居合わせたスタッフが、英語に堪能ではなかったのです。
彼は、ウルトラ・ハットを自分の頭に載せ、
「クイズ・クエッション、アンサー。ピコーン!OK?」
と手真似で、大熱演しました。
我々はその様子が、あまりにも愉快だったので大爆笑になりました。
訳の解らない税関の係官も釣られて笑い出し、事無きを得た事がありました。

ルトラ・クイズのリハーサルでは、毎回スタッフがウルトラ・ハットをかぶって、動きをチェックするというのが決まりになっていました。

リハーサル_ウルトラハット


そして、17年のウルトラ・クイズの歴史の中で、この機械の調子が悪くて、クイズの開始が遅れたというような事故は、只の1度も無かったのです。

その位、ウルトラ・ハットは正確に働いてくれたのでした。
番組の功労者として表彰があるならば、その第1候補は?
勿論、ウルトラ・ハットでしょう。

ウルトラハット

ロケ弁のお話です

メリカ横断ウルトラ・クイズは、毎年平均して1ヶ月のスケジュールでロケを行っていました。
テレビ番組の収録は、国内の場合ロケにはロケ弁というのが付き物です。
ロケ弁専門の業者もあって、その中身はスタッフの楽しみの1つになっています。
ロケ弁は、スタッフもタレントも差別無く同じ物を用意するのが、業界の慣例になっています。
もっとも2種類か3種類用意し、その中からチョイスするのが一般的といえるでしょうね。

中には、そのような弁当は自分の口に合わないと言って、特別食を注文するような我侭なスターの噂を聞く事もありますが、そのような人はスタッフの評判も最悪にならざるを得ません。
昔から、食べ物の恨みは恐ろしい、と言いますが、人間の心理はそのようなところに表れるのでしょうね。

を我がウルトラ・クイズのロケ弁に戻します。
国内の東京ドーム予選は、早朝から準備に入りますので、朝、昼と2食弁当が出ていたように記憶しています。
ただ、中身がどのような物であったかは、流石に覚えていませんが、朝と昼では異なるメニューでした。
成田では朝だけロケ弁で、昼食はグアムに向かう機内で食べていました。
これは一般の乗客と同じ機内食でした。

さて、グアム、ハワイを経由してアメリカ本土に渡ってしまうと、日本のような折に入った弁当にはめったにお目にかかる事はありません。
しかし、ロス、サンフランシスコ、といった大都市には有名な和食店がありましたので、そこに注文して和食弁当を頼んだ事もありました。
この辺は有名店のお弁当ですから、国内で食べるロケ弁よりはかなり豪華な内容でした。

ルトラ・クイズのロケは、周囲にお店の無いような場所が多かったので、ロケでの昼食はケータリングが殆どでした。
最近は、日本でもこのケータリング・サービスをしているお店も有りますが、アメリカでは一般的で、ホテルやレストランが出張サービスで、台所ごと車でやって来て、料理を作ってくれるサービスです。
アメリカの場合は、バーべキューが多く、その中には、飲み物のサービスも入っています。

BBQ

中にはアルコール類も入っていましたが、流石に日本人は仕事中はお酒は飲まない習慣が身についていますので、飲むような事はありませんでした。
ただし、我がウルトラ・スタッフはビールだけはお酒と考えていなかったようで、ロケの現場にはいつも飲み物として、ジュースやコーラと共に、冷えたビールが用意されており、水の代わりに飲みながら仕事をしていた人もいました。

ケ弁の事を書いていたら、最近はキャラ弁という言葉があるそうですね。
人気のキャラクターをデザインしたお弁当で、お母さん達が工夫をして作り、子供も好きなキャラの場合は、良くお弁当を食べるので、話題になっているのだそうです。
YouTubeでその作り方を教えている人がいて、その方が「ウルトラ・ハット」を作ってくれました。

キャラ弁_ウルトラハット

ウルトラ・クイズが放送されている時代なら、このキャラ弁も人気商品になったのでしょうが、現代の子供たちに解りますかねえ。
ご覧になりたい方は覗いてみて下さい。

http://www.youtube.com/user/channelgoldenaxe

手探り状態で始まったウルトラクイズ

メリカ横断ウルトラクイズは、全部で17回放送されました。
とはいえ、最初のスタッフは、誰1人そんなに永く続く番組になるなどと思っていませんでした。
その良い例が、第一回のクイズ形式や、クイズ問題の使い方に現れていました。

前にも書いたかもしれませんが、最初は木曜スペシャルの1週分くらいの予定で制作に入ったのでした。
当時は、視聴者参加のクイズ番組が盛んな時代で、一番の人気は 「10問正解して、ハワイへ行こう」 のキャッチ・フレーズで知られた「アップダウン・クイズ」でした。
これに勝つクイズ番組を考えていた我々は、常識をひっくり返す様な、むちゃくちゃなアイディアを提出したのです。
つまり、10問正解してハワイへ行こう、なんていうのはケチ臭い。
どうせなら、挑戦者を全員ハワイどころか、ニューヨークまで連れて行ってしまえ、という乱暴な案でした。

自由の女神

んなみたいな番組が実現するはずが無い、と誰もが思っていたのです。
ところが、木曜スペシャルで採用が決まってしまったのです。
だから、クイズ問題にしても、そんなに多く準備したわけではありません。

早押しクイズ、○×クイズなど、私の記憶では2,000問~2,500問位を持って、ロケに出発したのだと思います。

ころが、実際にクイズを始めると、どう考えてもニューヨークに行く前に問題が足りなくなるという事が予想されたのです。
何故なら、放送上は編集でカットされていますが、クイズ問題が出題されても、誰も応えずに、問題だけが消費されて行く、というような状態が起きてしまうのです。
そのような事が起こらないために、難問の中に、易しい問題を配分よく並べるように進言するのですが、頑として易しい問題を拒否する指揮官が居たのです。
完璧主義者を自認する彼の言い分は、アメリカまで来ている人間が、この程度の問題に答えられなくてどうする、という正論を振りかざすのでした。
その結果、電波に乗ることも無く、現場で消費されるだけの難解な問題が、陽の目を見ずに多数消えていったのです。

のため、クイズ問題は数が減って行くばかりです。
そこで、留守番部隊にSOSが発信され、急遽追加問題が作られ、発送されました。
それも今のように、インターネットで送れる時代ではないので、郵便物として行く先々に送り届けていたのです。

イズ問題一つをとっても、このような手探り状態で番組は始まったのです。
収録が進むに連れて、1回の放送ではとても収まらないと言う事が、肌で感じるようになり、2週に分けて、否、3週に分けられると、と次第に膨らんで行きました。
予算的にも、3週分でも収まらないほど使われていました。
結果的には第一回は3週に分かれて放送され、しかも、これが高視聴率を獲得したため、1年1度の恒例番組になったのでした。

題を担当する私から言えば、毎年予想される数よりも2割から3割くらいクイズ問題を多めに準備しました。
それらの問題は1問毎に厳しく吟味されているので、大切に扱いたいという気持ちが強いのは当然です。
そのように思うと、初期の時代は問題を惜しげもなく消費していました。

えば、機内のペーパー・テストにしても何と800問でした。
そんなに数多く出題する必要があるのか、会議で私は疑問を呈するのですが、多ければ多いほど実力が判定できる、と当たり前の理屈で兎に角多数のクイズを解答させる、という持論を頑として譲りませんでした。
これを1時間で解答するのには、4秒半で1問を答えなければなりません。
挑戦者には厳しい試練といえましょう。
解答用紙を見ても、7割から8割答えていれば上々といった解答率でした。

期の頃は、見方によっては挑戦者イジメとも思えるような厳しい番組としてスタートしたのでした。
挑戦者だけではありません。
スタッフにしても、短い時間内で採点し、合否を集計するのですから、気が抜けない緊張の連続です。
このように手探り状態で始まった番組でしたが、回を重ねる度に効率よく進行するように改善され、長寿番組となったのでした。
初めの第1歩はこのように汗もの だったのです。

ロゴ

旅は道ずれ、夜は緊張!

メリカ横断ウルトラ・クイズに挑戦者として参加した方は、多分あの旅の間は、緊張の連続だった事だと思います。

難しい難問をクリアして、折角海外に来たのだから、少しはレジャー気分を味わいたいと言うのが人情でしょう。
ところが、鬼のようなウルトラ・スタッフには、そんな人情は持ち合わせていませんでした。 

組内には、常に緊張感が張り詰める。
そんな番組こそヒットすると硬く信じ込んでいたようなのです。

と、いうと他人事のように聞こえるかもしれませんが、あの時代にはそのような精神論があって、我々は正にそれを実践していたのでした。

えば、夜襲クイズなどはその典型的な形式でした。

クイズが終って「今夜はゆっくり眠るぞ」という挑戦者を突然襲って、クイズを出題する、このような事を1度体験すると翌日からはオチオチ眠っていられません。

現代なら、人権侵害番組だ!とマスコミの総攻撃を受けそうな事を、平然と実行していたのですから、時代の変化を感じてしまいます。 

このような緊張感を持続させるため、第5回のハワイのホノルル空港でも突然の奇襲クイズが実施されました。ホノルル空港

の時は、前日の浜辺で行われたクイズで、30人から14人が勝ち抜き、アメリカ本土に向かって、空港にやってきました。

ところが、空港でいきなり○×クイズが行われたのです。

問題は全員に出題され、ただ1人が誤答するまで続けられました。
しかも、意地の悪い事に、正解か不正解かは、その場で発表されませんでした。

つまり、ロスの空港で成績を発表すると言うわけです。
と、なるとロスまでの飛行時間は心臓ドキドキで、旅の楽しさなどは何処かへ飛んでいってしまいます。

この時の生贄になったのは、機内ペーパー・クイズで女性第一位だったNTさんでした。
ロス空港

女はロスの空港で飛行機を6時間も待たされ、東京まで10時間、ホノルルを出てから22時間もかけて帰り着くという罰ゲームを受けたのでした。

これでは、楽しい海外旅行など夢の夢ですね。

それでも、挑戦者は懲りずに集まって来た、良い時代でした。

アメリカ横断!ウルトラクイズの裏話