tsutomu のすべての投稿

決勝戦の問題は特別

メリカ横断ウルトラ・クイズは、毎年数多くのクイズ問題を出題していました。
これらの問題は、毎年クイズ問題を考える作家達が作るのですが、問題の形式を分類すると大別して4種類に分ける事が出来ました。
作るのに1番苦労するのは○×問題でした。
これは2者択一ですから、どちらにも取れそうな、分岐点が難しいのです。
しかも、題材は誰が聞いても、1度で理解できるようなシンプルな問題が求められました。
○×問題で、優れた問題はやはり最初の東京ドームで出題されます。
理由は、より多くの挑戦者に答えてもらいたいので、その様に配分しました。

2番目に数多く作ったのが早押し問題でした。
3番目は変形で、ですが問題、1問多答問題という分野が有りました。
4番目にに機内ペーパー・クイズの3者択一問題。
これは以前にも書きましたが、○×や早押し問題として作られたものを、変形させたので、我々構成者がクイズ作家の作った問題を書き直して出題していました。

出来上がった問題をどの場所で使うのかは、構成者とディレクターで相談しながら配分します。
というのは、担当ディレクターはチェック・ポイントによって、自分の分担が割り振られていますので、気に入った問題は自分の担当場所で使いたいので、チョイスするシステムになっていました。
時には問題の取り合いで、D(ディレクター)同士が対立する事もありました。
でも、その様な時には、先輩が強引に奪ってしまうのはどの職場でも同じでしょうね。

れとは関係なく、決勝地での問題は、私とチーフDで選んでいました。
何故なら決勝問題は、その年のクイズ問題を代表する質が求められます。
つまり、何故この年に出題されるのか、という意味付けが欲しかったのです。
更に、決勝戦だけに難しいね、という難問を適度に入れ込まなければ、視聴者は満足してくれません。

ウルトラクイズ決勝1

これも匙加減が必要で、単に難解なだけでは、視聴者にそっぽを向かれてしまいます
「そんな問題、解るはずないだろ!」ではダメなのです。
難解でも、2人の内、どちらかは正解するだろう、という読みの問題です。
これを挑戦者が正解すると「さすが!」とお茶の間から声が聞こえてきそうな問題を選ばなければなりません。

ウルトラクイズ決勝2

、当時の決勝戦の問題に目を通すと、やっぱり決勝戦に進出した人は「凄いな!」と感心してしまいます。
私達も決勝戦の前夜、最後のクイズ問題の読み合わせで、「この問題は外そう」と最後の最後まで悩んだ難解な問題は沢山ありました。
でも、その様な難問をサラリと正解された時には、私も嬉しくて ピンポーン!と判定音のボタンを押す指に力が入ったものです
クイズ王になった人達は例外なく クイズの達人 でした。

ウルトラクイズ決勝3

電子書籍を出版しました

恐縮ながらPRをさせてください。
メリカ横断ウルトラ・クイズの思い出を毎回書いてきました。
今は現役を離れた身ですが、私は長年に亘り放送作家として、テレビ番組やラジオ番組の構成者として働いてきました。
アメリカ横断ウルトラ・クイズは、その中で出会ったテレビ番組でしたが、そもそも何故放送作家になったのかというと、実は子供の頃に、現代の人にはちょっと理解の出来ないような数奇な体験をしていたのです。それを小学生の頃、作文コンクールに出品し、大きな賞を頂いた事があります。
以来、大人になったら文章を書く仕事に従事したいと思うようになり、運良く放送の世界に潜り込む事が出来たわけです。

は、その作文を本にしようと思い付き、この度、電子書籍で出す事が出来ました。
内容は、アメリカ横断では有りませんが、中国大陸を横断しているのです。

ウルトラクイズは、クイズのサバイバルゲームでしたが、私の場合も命を賭けた「生き残りの旅」で、一歩間違えば命がなくなるような旅をさせられたのです。
サバイバルの旅、という意味ではウルトラクイズと似た部分もあります。
でも、小さな少年が、毎日生きるか死ぬかの旅ですから、罰ゲームの連続みたいなものです。
タイトルは「中国大陸横断・罰ゲームみたいな旅」としたかったのですが、中身はそのようなものです。

のように考えると、ウルトラクイズの原点は、そこにあったのだという気にもなってしまいます。
最後まで読まれると、私がアメリカに憧れを抱いた、原点がお解りになるような流れになっています。
この本は、今の中学生、高校生達に読んで欲しいので、当時の私、小学生の視点で書いてみました。
日本と中国の問題、中国人とはどの様な人達だったのか、だから犬猿の仲なのだ、という事が子供の目で描かれています。
どうか、少しでも興味が持たれたら、お読み頂きたいと思います。
本のタイトルは「荒野の打ち上げ花火」です。

8/17(土)まで無料ですので、お気軽にダウンロードして下さい。
また、kindleはiphoneでもAndroidでもアプリを使って読めます。

荒野の打ち上げ花火/萩原津年武
¥価格不明
Amazon.co.jp

在米日本人のお話

メリカ横断ウルトラ・クイズで、我々がアメリカを訪れていたのは70年代の後半から90年代にかけてでした。
最初の頃は、アメリカ旅行をする日本人もまだ少ない時代でしたが、途中から急激に増えてきました。
最初は、アメリカでロケをしていても、見物のお客さんに日本人は居ませんでしたが、10年を過ぎた頃から、パラパラと日本人の見物客が顔を見せるようになりました。
中にはアメリカに住んでいる方が、我々ロケ隊の動きを知っていて、見学に来る等という事もありました。
今の時代なら、インターネットで情報が飛び交っているので、何も不思議ではありませんが、当時我々は何処からそのような情報を入手するのか不思議でなりませんでした。

る時、アメリカ在住の日本人がどの位の数居るのか調べた事があります。
当時の情報では相当数いて、例えばニューヨークでは、日本人が一寸した社会現象を起こしていました。
それは「ニューヨークにオリエント急行が走る」という記事でした。

オリエント急行

これはクイズ問題になるか? とよくよく読んでみると、日本人の働きバチぶりを皮肉った記事で、アメリカ人は残業というものをあまりしません。
だからニューヨークの地下鉄も、マンハッタンのビジネス街から郊外へ向かう電車は、PM5:00~6:00頃がラッシュ・アワーとなります。

れに対して、勤勉な日本人は残業をするので、7時頃まで働くらしいのです。
となると、8時頃から郊外へ向かう電車に乗るわけですね。
そのため8時過ぎの郊外へ向かう電車は日本人のビジネスマンで混雑する、従ってこれはオリエント急行だ、と記事はまとめていました。

満員電車

折角面白そうな見出しでしたが、これではクイズ問題は出来そうも有りません。

ウルトラクイズではご存知のように、ロケ地では必ずご当地問題というのを出題していました。そのため、こうした情報を集めていましたが、これもご紹介したお話のように、クイズのネタとしては空振りが多かったのです。
1問作るのにも、このような裏の努力がある、という裏話でした。

急遽クイズ形式が変わる事もある

メリカ横断ウルトラ・クイズは、クイズ形式に長い準備とお金を注ぎ込みました。
それはロケ地の許可、設備、使用する道具などが大掛かりになればなるほど、準備が大変になるのはお判りでしょう。
クイズ問題も形式に合わせて準備するのは当然と言えます。
毎年の事ながら、ロケ出発の前夜まで、クイズ問題は制作されていました。
クイズ問題担当の私としては、いくら数を揃えても、これで安心という気持ちにはなれません。もし、旅の途中でクイズ問題が不足したら、ロケは続けられなくなってしまうからです。

れほど準備万端で出かけても、現地でクイズ形式を急遽変更するようなハプニングが起こる事もあります。
例えば、第13回オーストラリアへ行った時には、航空会社のストライキに巻き込まれて、予定のスケジュールが組めなくなりました。
また、第16回グアムに着いたら、前日に当地を襲った台風の影響で、グアムの街は大変な惨状でした。
民家の屋根は吹き飛ばされ、電柱や街路樹がバタバタと倒れ、街中が泥んこのプール状態でした。

グアムの台風

地がこの状態なのに、我々が○×泥んこクイズを行うなんて出来る筈が有りません。

泥んこクイズ4

戦者も視聴者も、みんなが期待していた泥んこプールへの飛び込みは中止となりました。
その代わりに、チーム対抗、早押しクイズになりました。
ルールはグアムの浜辺に3台の早押し機が設置され、好きな列に並ぶ事が出来ます。
最前列の3人にクイズ問題が出され、1問正解で勝ち抜けられます。
逆に負けた2人は、回答権を失って最後尾に並ばなければならないのですが、最初に並んだ列を替える事は出来ません。

の時、挑戦者は40人いましたから、〇×泥んこクイズならば、○×クイズが40問あれば大体の決着が付く計算でした。
我々は吟味した○×問題を40問準備していましたが、この問題は全く使う事が出来ません。つまり、無駄になったという事ですね。

その代わりに早押しクイズの問題を急遽100問以上用意しました。
この時、放送で使われたのは21問でしたが、実際にはその何倍ものクイズ問題が消費されました。
そうです。誤答や誰も答えられない問題が有りますので、クイズ問題はどんどん消化されて行くのです。
旅はまだ始まったばかりなのに、予定外の早押しクイズ問題が100問以上も消えてしまったのです。

論、クイズ問題は、毎年何千問も用意するので、このくらいの事で驚く事はないのですが、予定はだいぶ狂ってしまいます。
この様に、クイズ形式は急遽変わる事もありましたが、日程が変わる事は17年間1度もありませんでした。
何故かと言えば、各地でのクイズ会場の許可、これを1日でもずらすと大変な事になります。また、スタッフ、挑戦者合わせて100人近い人間の移動も大ごとですよ。
飛行機など、1度キャンセルしたら、次の予約が取れる保証は有りません。
ホテルの確保も同じでしょうね。
この様な事を考えると、雨が降ろうが、槍が降ろうが1日たりとも日程を変える訳には行かないのでした。

毎年、当たり前のように繰り返したウルトラ・クイズですが、よくもまあ、1度も事故が無く、続いたものだと思います。
は、旅が無事に進むように、時々神社に参拝をし、安全祈願のお札をもらったりしていました。
これは江戸時代から続く日本の良き伝統で、その御利益だったかもしれませんね。
お札は毎年スタッフルームの中央に飾られていました。

クイズ問題も作り難い時代になりました

メリカ横断ウルトラ・クイズでは、毎年沢山のクイズ問題を作りました。
あの時代にはクイズ問題を作る素材が豊富でしたが、今ならどうなのかなあ、と考えて見ました。
あの時代の我々の考え方を今に置き換えると、問題作りには相当苦労しそうです。

例えばボクシングの世界チャンピオンに関する問題を作ろうとします。
あの時代には、世界チャンピオンの数も少なかったので、最初に世界チャンピオンになった日本人は誰?
という問題は使われています。
答・白井義男さん。フライ級で52年に獲得しています。

白井義男

・第2号の世界チャンピオンは? (第8回のキーウエストで出されました)
答・ファイティング原田さん。
タイのポーン・キング・ピッチを破って62年にチャンピオンになりました。
第1号から10年目にして獲得したチャンピオン・ベルトでした。
この辺まではまだまだ、世界チャンピオン問題も通用しました。
私の記憶ではその後「岡山のおばあちゃん!」という流行語を生んだ、4号目の世界チャンピオンになった藤猛さんを答えにした問題があったように思います。

しかし、今では世界チャンピオンが74人(13年4月の時点で)もいるし、その中で問題を作るとなると、細部の情報を問題化するわけですから、重箱の角を穿り返す様な問題になりかねません。
これでは、お茶の間のみんなで考える楽しい問題は出来難いと言わざるを得ません。
何しろ世の中は情報過多の時代ですから、面白そうな情報はアッという間に、日本中に広がってしまいます。

た、クイズの素材としては、沢山問題が出来そうな「ノーベル賞」も同じような状況です。
あの時代には湯川秀樹さんが49年に物理学賞を取り、暗い戦後の日本人に勇気を与えました。
その後、65年に朝永振一郎さんが、69年に川端康成さんが文学賞。
73年には江崎玲於奈さん、74年には佐藤栄作元総理が平和賞受賞とノーベル賞ラッシュとなり、今では全部で20人近い人達が受賞しています。
こうなるとノーベル賞も、どこの大学が多い、とか民間人で受賞した研究者は誰?といったクイズ問題が出て来るでしょう。
こうした問題は、クイズ研究会の想定問題にありそうなので、ウルトラクイズのクイズ問題選考会議で「没!」という言葉ではじかれてしまいます。

ノーベル賞関係で、強いて問題を作るならば、山中伸弥教授のように、研究成果が最近の医学会に大きな影響を与えている場合は、それなりの問題になるでしょうね
IPS細胞などは、今的に言えば恰好の素材と言えるかもしれません。
でも、答が山中教授ではちょっと易し過ぎるかも知れませんね。
いずれにしても、インターネットで情報が氾濫している現代では、その隙を狙って面白い問題を作るのは、至難の業かもしれません。

情報化社会

そう考えるとクイズ問題って、作るのに結構苦労するのですよ。
これを言葉にすると帯に短し襷に長し、の心境です。