tsutomu のすべての投稿

クイズ会場に出来なかった超豪邸

メリカ横断ウルトラ・クイズでは、毎年ロケハンでアメリカ各地を旅しながら、クイズ会場を探していました。
勿論、漫然と旅をする訳ではありません。面白そうな場所を調査し、会議で諮って決定した場所を実際の目で確かめ 「ここなら大丈夫」と確信が持てた場所をクイズ会場に決める、というのが大体の流れでした。
我々が気に入って決めても、相手の都合で拒否されるような事もあるのは当然です。
その様な中で、未だに何故あそこがクイズ会場にならなかったのか、私自身納得していない場所がいくつかありますが、今日はそんなお話を書いてみましょう。

その、第1候補はロスアンゼルスとサンフランシスコの中間にあった「ハースト・キャッスル」と呼ばれる超豪邸でした。

 

Hearst_Castle_Casa_Grande
は遡って20世紀の初頭、アメリカではとてつもない大金持ちが何人も誕生しました。
石油を掘り当てたり、鉄道を敷いたり、その様な成功者が多かったのですが、ウイリアム・ランドルフ・ハーストさんは、新聞を発行して大当たりを見せたのです。
最盛期には、26の新聞社を傘下に収め、8局のラジオ局を経営して、メディア王と呼ばれていました。
そのハーストさんが1,920年に建てたのが、このハーストキャッスルだったのです。
キャッスル、即ちお城ですから規模は壮大でした。
まず、お城の部分は、ヨーロッパで古いお城を買って、それを解体してアメリカに運んで組み立てたのだそうです。
それも1つのお城ではなく、幾つものお城を買って、この部分はどこのお城、というように、それぞれに曰く因縁があるというのですから、どのくらいの経費をかけたのか、想像を絶した金額だったのでしょうね。

ハーストキャッスル
論、敷地は広大で、見渡す限りがお城の範疇です。
この中には、大きな映画館が有りましたが、当時はハリウッドのトップスターや監督を招いて、全国公開する前に、ここで試写会が開かれたのだそうです。 
スターたちは、このお城に招待される事が、最大のステータスで、あのチャップリンをはじめ、世界のそうそうたるスター達がこのお城に招かれた、と説明書に有りました。
中には、アメリカ大統領も何人も招待されていたそうで、ハーストさんの成功ぶりは伝説になっています。

はこのハーストキャッスルは捨てがたいクイズの候補地と思っていましたが、何故実現出来なかったのか残念ながら記憶に残っていません。
ただ、この地への思いが強かったので、日本テレビの別の番組に企画書を提出し、「世界のファーストクラス」という番組を制作しました。

おかげで私は、再びこの地を訪れる事になったのですが、今でもあの場所は、ウルトラクイズのクイズ地として使えなかったのが残念でなりません。
最近では、同じメディア王と呼ばれたイタリアの元首相殿は、スキャンダルで世界中のマスコミに追いかけられましたが、どうせならメディア王なのですから、ハーストさんのような素晴らしい伝説を残してほしかったですね。

大統領選挙に遭遇

メリカ横断ウルトラ・クイズは、毎年アメリカ各地を旅しながら、クイズを行いました。
アメリカでは4年に1度、大統領選挙が行われ、国を挙げてのお祭り騒ぎになっていました。
だから、そのお祭り騒ぎの真っただ中に飛び込んで、クイズを行った年も何回か体験しています。

そのような年には、クイズ形式に大統領選挙に因んだ形式を考えるべきと言う宿題が、我々構成作家に出されました。
アメリカの大統領選挙は、ちょっと分かり難いシステムです。
有権者が直接候補者に投票するわけではなく、その前に代議員選挙というものが有ります。
つまり、大統領の選挙を行えるのは、この代議員なのです。
この代議員は各州の人口によって、人数が決められています。つまり、人口に比例して代議員の数が決まり、大統領候補者は、如何にして自分を支持する代議員を獲得するか、各州を回って選挙運動を繰り広げます。

の様なルールがある訳ですから、賢明な挑戦者ならクイズ形式を予想する、それがウルトラ・クイズなのです。
我々もこの選挙方式をクイズ形式に取り入れる事を考案しました。
それは、第12回ワシントンDCで行われたクイズでした。
クイズ会場はこの形式に最も相応しい、アメリカ合衆国の国会議事堂の前でした。

アメリカ国会議事堂

ルールは早押しで1問正解すると、アメリカ50州の中から1つだけ州を選ぶ事が出来ます。
選んだ州の代議員の数が得点になります。その合計が50になれば勝ち抜きという訳です。
但し、州の代議員の数は伏せてあるので、挑戦者は自分でその数を推理しながら選ばなければなりません。
つまり、人口の多い州を知っているという知識も勝負のカギになる訳です。

みにカリフォルニア州は47人。ニューヨーク州は36人。テキサス州は29人、と多い方ですが、アラスカ州が3人、ハワイ州が4人と少ない州も有ります。
運が良ければ2問正解で勝ち抜ける事ができる反面、逆に運が悪いと5問、6問と正解を続けても勝ち抜ける事が出来ません。
この様な知識も、実力の内と思えば、やっぱりウルトラ・クイズで勝ち抜くというのは、大変な力が必要だったんですね。
この年、大統領の椅子を競っていたのは共和党のパパ・ブッシュ氏と民主党のデュカキス氏でした。
思えばウルトラ・クイズは第39代カーター統領の時代に始まって、R・レーガン大統領が2期8年、その後ブッシュ大統領が4年、更に「今世紀最後」の時には、クリントン大統領でしたから、アメリカの歴史と共に歩んだとも言えます。
まあ、勝手な言い分で、自己満足 な話ですがね。

パパ・ブッシュ

謎のネズミ男とは?

メリカ横断ウルトラ・クイズのスタッフの中で、私が最も長く1緒に仕事をしたのは、日本テレビのディレクター、K氏でした。
ウルトラ・クイズのスタッフだった人間で、現在も現役で日本テレビに在籍しているのは、多分このK氏だけでは無いかと思われます。
先日、このブログの事もあるので、久しぶりにK氏と面談し、当時の思い出話をしてきました。
K氏とは、長年に亘りロケ、ロケハンと1年の内2ヶ月近く一緒に旅をした仲間で、一種の戦友的な感情があります。

にも、このブログで何回かK氏の絡んだエピソードを紹介した事がありますが、彼こそウルトラ・クイズと共にテレビ界を歩んだ生粋のテレビマンで、この番組を語る時に、彼を抜きには考えられないほど番組にとっては重要な人物でした。
その彼と、当時も今も、時々思い出す不思議な人物がいます。
お酒を飲んで酔った時には、何故か、同時に思い出す風景ですが、我々は「ネズミ男」事件と名付けています。

確かあれは12回のロケハンの時、サンフランシスコからパシフィカというリゾート地に向かって車を走らせていました。

ハイウェイ2

単調なハイウェイを走っていると、後方から、派手なオープンカーが猛スピードで我々の車を追い抜こうと迫ってきました。
バックミラーで、その車を確認したコーディネーターが、「ワーッ!凄いスピード」と叫んだのです。
私とK氏は同時に振り返り、運転するドライバーの顔を見ました。
そして2人は顔を見合わせて
同時に一言「ネズミ男!」と同じ言葉を発したのです。
つまり、運転していた男の顔がどのように見ても「ネズミ男」の顔だったのです。
今なら、コスプレでそのような扮装をしている人間も居るかも知れませんが、その時代にそのような流行も、言葉も知りませんでした。
なのに、私とK氏が同時に同じ言葉を発したのは、どう見ても漫画のキャラクターに登場しそうな「ネズミ男」の顔だったのです。
しかも、このネズミ男は、背中を丸めて前方を見つめ、何かに取り付かれた様な雰囲気で猛スピードで走り去ったのです。
我々は一瞬白昼夢を見ているような、不思議な感覚に襲われました。

れは現実なのか、はたまた夢だったのか、K氏と私はお酒を飲んで酔っ払うと何故かこの出来事を思い出して、「あれは何だったんだろう?」と話が盛り上がるのです。
いつも同じようなものを食べ、同じような場所を旅している仲間だけに、感覚が似て来ることがあるにしても、同じ幻覚を見るというのはどう考えても可笑しな出来事です。

私にとっては、ウルトラ・クイズの永い旅で体験した不思議な体験。
あのネズミ男は一体何者だったのでしょう?
K氏もネズミ男は、忘れられない思い出の上位に上げられると言っていました。
日本なら、この様な暴走行為は、取締りのネズミ捕り で捕まるのにね。

ねずみ男

シンプル・イズ・ベスト

メリカ横断ウルトラ・クイズはアメリカ各地を旅しながらクイズを行い、クイズ王を決める番組でした。
しかし、普通のクイズ番組と違うのは、単にクイズが強いだけでは駄目。
知力の他に、体力時の運、この3拍子が揃った人が優勝するような仕掛けを作ったのです。
そのクイズ形式を考えるのが、我々構成者の仕事でした。
中には理不尽とも言える意地悪な形式を考え、それをどんどん実行し、挑戦者をふるいにかけていました。
従って敗者の中には、自分の力不足を棚に上げ、クイズ形式に不満が残った人も居たように聞いています。

でも、それを百も承知で参加して居る方達は、奇抜な形式を楽しみながらクイズを戦っていました。
我々、番組の構成者も本音を明かせば、変わった形式も良いのですが、正当な早押しクイズを多用したほうが、クイズの実力者が残る可能性が高いので、その方向へ番組を持っていこうと努力していました。
しかし、これは、1歩間違えると、新形式を考えたくないからだ、と誤解されそうです。
ですから会議での発言も、そのような誤解を受けないよう、注意しながら提案していました。

押しクイズがどのくらいスッキリしているか、それを証明したのが第16回サンフランシスコのクイズでした。
サンフランシスコには何度となく訪れていますが 、過去に世界的に知名度の高いゴールデンゲート・ブリッジでクイズを行ったことがありませんでした。
ならばこの回は初の体験として、ゴールデンゲート・ブリッジをバックにクイズをやろうと言う事になりました。

GoldenGateBridge


と、なれば簡単明瞭、「2ポイント勝ち抜けの早押しクイズ」にしようと早々と提案しました。
勿論、反対派は、もっと時間を掛けて面白い形式を考えろ、と粘り強く注文が出てくるのです。しかし、我々構成者はシンプル・イズ・ベストと、最初の案を繰り返し、それを実現させました。
番組の制作会議では、担当部門の思惑も絡んで、このような綱引きが結構行われていたのです。

こでは11人の挑戦者による早押しクイズが行われました。
いずれも、難関を潜り抜けてきた挑戦者ですから、お手付き、誤答も少なく、実にテンポ良く勝敗が決まって行きました。
おそらく視聴者の皆さんも快適なテンポに、ウルトラクイズの本領を堪能なさったのではないでしょうか。

この時盛り上がったので、これからは、早押しクイズをもっと各地で多用しようと思ったのですが、時すでに遅く、この第16回をもって、一応番組が休止となってしまったのです。
この早押しクイズを、もっと早くからやっていれば、我々も少しはラクができたかもしれません。。。
正に、後の祭りです。

アメリカ人もブランドがお好き

メリカ横断ウルトラ・クイズで、アメリカ各地を旅していると、アメリカ人の気質や習慣など、面白い発見をすることがあります。
最近は、ニュースでその日の出来事があっと言う間に伝わりますので、目新しい発見をするのは難しくなりましたが、我々がウルトラ・クイズでアメリカを旅していたのは、20年、30年も昔のことだったので、目新しい発見がいろいろありました。

えば、キーウエストには何回か行きましたが、これもアメリカ人らしい大胆な発想で出来た観光地でしょうね。

キーウェスト

キーウエストはアメリカ大陸最南端の地であると同時に、文豪のヘミングウェイが住んでいた場所としても知られています。

ヘミングウェイ

それともう1つ、東海岸にあって夕日が海に沈む珍しい場所なのです。
これだけで、サンセットを見られる、と言う理由で観光客が集まってくる材料になるのです。

キーウェスト_サンセット

々フロリダ沖のカリブ海には沢山の島がありました。
アメリカ人はこの島を橋で結んで、どんどん南へつないでしまったんです。
その島の数が何と42、その最南端の島がキーウエストと言うことになります。
日本でも、瀬戸内海の島に橋を架け、四国まで車で行ける様になりましたが、アメリカ人はそれを戦前の古い時代に、実行しているのです。
マイアミからスタートして、ノンストップで走ると凡そ250km。
ガンガン飛ばして走っても3、4時間は掛かってしまう距離です。
技術がまだそれほど発達していない時代に、このような壮大な計画を立て、実行してしまう訳ですから、そのパワーに圧倒されてしまいそうです。

ミングウェイが住んだ家は、市の中心地にあってスペインのコロニアル調の2階家でした。
勿論、この地の重要な観光ポイントになっていましたが、驚いたのは庭や室内、ベランダ等に、猫が何匹も放し飼いになっていた事です。
イメージで言えば、猫屋敷と呼ばれても良いかもしれません。
しかも、この猫達、そんじょそこらのノラ猫ではありません。
実は、れっきとした「お猫さま」で、あのヘミングウェイが飼っていた猫の子孫なのだそうです。

ヘミングウェイと猫

そのくらい、由緒あるお猫さまですから、欲しいと希望する人もいるらしく、そのような人には分けてくれるのだそうです。
但し、当時の情報では、希望者多数に付き、5年待ちとの事でした。
やっぱり、ヘミングウェイというブランドが、そのような状況を生んでいたのでしょうね。

日本では夏目漱石が飼っていた猫の子孫はどうなったのでしょうね。
もし、発見できたら「我輩は猫である」のモデルの子孫猫  として大変なブランドになりそう。
「夏目漱石記念館」というものを設立予定という話を聞きました。
そこにも猫が沢山いたら話題になりそうな気がしますね。

夏目漱石