tsutomu のすべての投稿

ヒット番組の宿命

メリカ横断ウルトラクイズは1977年に誕生して、トータルで17回に亘って放送されました。
手前味噌ですが、70年代を代表するようなヒット番組と言えると思います。
テレビの業界で言えば視聴率の高い人気番組と見られています。

ロゴ

いにも私個人としては、ウルトラクイズの誕生から関わった放送作家として、この番組が私の放送作家人生で、かなりのメリットとして役立っていたのは事実です。
テレビ業界に限らず、世の中では世間的に成功する品物を作り上げた場合、

「実はあれは俺が作った」

という権利を主張する人間が登場するのは自然の流れです。
そんな争いが起こらないように、「著作権」とか「商標登録」などの制度があって、これが本家争いのブレーキになっている事と思います。
テレビの業界では、似たような番組を作っても著作権でもめるような事はそうそうありません。
でも昔から他のヒット番組に似せた番組が作られても、視聴者の方が利口で、「パクリ!」という一言で片付けられ、パクリ番組が永続きしたためしがないのです。
からウルトラクイズのように何年もヒットが続くと、

「実は自分はあの番組に関わっている」

と自称関係者が出てくるのは自然の成り行きかもしれません。
それどころか、自分が番組そのものを考えた、というような人間が出てきても不思議ではないのです。
それに一々反論する必要はありませんが、私のように最初から最後までスタッフとして関わった人間は、そんなに数多くいません。
ですから、一緒に働いた人間はほとんど覚えているのですが、思いもしないところで自称ウルトラクイズのスタッフだったと言う人に出会う事があるのには驚かされます。
中でも驚いたのは、
「私がウルトラクイズを考えた時、中々企画を解ってもらえなくて苦労したよ」
と、私に自慢みたいに話したテレビ関係者がいました。
確かに最初の頃、手伝いに来ていたテレビマンですが、知らないところではそのような話で自分の能力を高く売り込んでいるのでしょうね。
もっと驚いたのは、
「羽田でジャンケンをして、勝った人を飛行機に乗せるというアイディアは僕が出したんだ」
というスタッフもいました。
勿論、そんな事実はまったく存在しないのです。
それどころか、あのジャンケンが生み出されるまで、最初の放送作家やディレクターがどれほど苦心して生み出されたのか、その辺の事情をイヤと言うほど味わった私としては耳を疑うような話でした。
でも、
「ヒット番組ではよくある話だ。一々気にしていては身が持たない」
と先輩に聞かされた事を思い出します。
かに長年に渡って作られた番組ですから、関係した放送作家もクイズ制作者も多数いるのは確かです。
それらの人々を全面的に否定する気は毛頭ありません。
それどころか1度でも関係したスタッフが、それを自慢出来る番組というのは今や稀少価値と言えると思います。
その意味ではどんどん関係者であったことを主張してください、と言いたいです。
は40年以上もテレビ番組を作る世界に籍を置きましたが、それでもこの番組に関わりが持てたのは、幸せな事だったと心から思っています。
ですから、このブログを見て、昔の関係者がコメントを寄せて下さるのを待っているような気もいたします。

自由の女神

過酷なクイズで苦しむのは挑戦者だけじゃない

メリカ横断ウルトラクイズを始めて14年目にして、大陸横断鉄道の原点ともいえる場所を訪ねることが出来ました。

大陸横断鉄道3

アメリカ大陸は太平洋側の西海岸から、大西洋側の東海岸まで、ストレートに結ぶと凡そ6,000kmと言われます。
その約半分の3000km程を結ぶのが大陸横断鉄道です。

大陸横断鉄道

側と西の海岸側から進んだ鉄道工事がドッキングしたのが、ユタ州のソルトレイクシティです。
1869年(明治2年)5月10日の事でした。
このイベントは、世界で初めてマスメディアによって、世界中に配信されたニュースとして歴史に残る出来事だったそうです。
日本で品川と横浜に鉄道が開通したのが、明治5年といいますから丁度同じような時代だったんですね。
この大陸横断鉄道の完成によって、それまでは東海岸から西海岸までは少なくとも数ヶ月かかったのが、1週間に短縮されたと言います。
その7年後には、ニューヨークからサンフランシスコまでを83時間39分で結んだという記録も残っています。
今では飛行機であっという間に移動出来る時代になりましたが、人間の進歩の度合いには驚かされる事が多いですね。
当時はアメリカ中は大騒ぎで、ニューヨークでは祝砲が発射され、フィラデルフィアでは、自由の鐘が打ち鳴らされ、市民は狂喜したと記録には残されています。
々は、この記念すべきドッキングの場所を訪れました。
当時の様子を再現するように、古いレプリカの機関車が合体の様子を再現していて、アメリカの歴史に触れた感動がしばしの間、心に残ったのを記憶しています。

大陸横断鉄道

メリカの鉄道は貨物列車がとても長い距離にわたって連結されていて、長いものでは1kmを超えるそうです。
貨車があまりに多いので、牽引する機関車も1両では済まず、3両4両の機関車が引っ張るという珍しい状況を作り上げていました。
我々日本人からすると、そんな長い列車は珍しいので、その列車の長さを利用したクイズが実施されました。
して「列車タイム・ショック・クイズ」
長い大陸横断鉄道の列車が目の前を通過しはじめた瞬間に、クイズが開始される。
解答席は3つ用意され、予め並ぶ順番を決め、12人の挑戦者が並んでクイズに答える。
誰か一人が正解すると残された2人は席を空けて、最後尾に並ばなければならない。
列車が通過し終わるまでに正解の多い上位10人が勝ち抜けるというルール。
イズの時間は列車のスピード任せで、5分なのか、10分なのか、やってみなければ解らない、といったクイズ方式でした。
しかも、アメリカの、特に貨物列車は運行が不定期
1日にわずか2~3本の日もあれば、十数本立て続けに走ることもあるのでした。

大陸横断鉄道2

んな列車を待つこと2時間あまり
砂漠の気温は40℃を超えていたかと思います。
やっと列車がきた頃には挑戦者、司会者、もちろんスタッフもバテ気味
しかもこの列車、図体もデカけりゃもデカい。
轟音の中でクイズが開始されたので、音声さんはさぞ大変だったことでしょうね。
挑戦者も集中できなくて、さぞ苦しい思いをしたに違いありません。
自身も、クイズの解答を聞き、正誤を判定しなければいけない訳ですが、声が非常に聞き取りにくく苦労したのを覚えています。
過酷クイズ形式を考えたばかりに、自分たちにも跳ね返ってきた代表的なケースです。

コスプレしがいのあるアメリカの景色

メリカ横断ウルトラクイズでは、アメリカ各地でロケーションを行いました。
ロケの場所を思い返すと、都会の街の中とアメリカの広い大地を比べると、どうしても田舎の景色の中で行った方が多かったように思われます。
それは、我々が昔から映画の中で見慣れた自然の景色を、アメリカらしい風景として記憶してたからかも知れません。
赤い大地をむき出しにした荒々しい景色は、我々の世代が西部劇の中で初めて知ったアメリカそのものといって良いのではないでしょうか。

西部劇5

アメリカ映画は、ニューヨークやサンフランシスコ、ロスアンゼルスといった大都会が舞台になっている事が多いように感じますが、その昔、戦後の日本に映画がどんどん輸入された時代のアメリカ映画は、半分近くが西部劇だったのです。
当時のスターは、ゲーリー・クーパー、ジョン・ウェイン、カーク・ダグラス、ロバート・ミッチャムとみんな西部劇で活躍したカウ・ボーイ・スター達でした。
戦後世代の私などは、毎週のように映画館に通い、西部劇をはじめとするいわゆる洋画を見ては外国に強い憧れを抱いたものでした。
レビドラマが最初に放映された時でさえ、「ローハイド」や「拳銃無宿」といった西部劇が全盛で、茶の間のファンを楽しませてくれました。
こうした番組から生まれたスターがクリント・イーストウッドであり、スティーヴ・マックイーン、チャールス・ブロンソン達でした。
スタッフも私たちと同年代の人間が多かったので、ウルトラクイズアメリカらしい荒野をロケーションの場所として多用したように感じられます。

西部劇4

だからというわけではありませんが、各地で行われたロケのスナップ写真を見返すと、まるで西部劇のロケーションのようにさえ思えてしまいます。

西部劇

っている人間が、日本人なのは一寸残念ですが、このような背景なら、西部劇の短編映画くらいは簡単に撮れそうな気がいたします。
会の福留さんも多分西部劇が好きだったのでしょうね。
このような場所がロケ地の場合は、当時のファッションを好んで着用したがったような記憶があります。
それも、カウボーイよりは騎兵隊の将校がお好みのようだったらしく、そうした扮装の記念写真が結構あったのが懐かしく思い出されます。

西部劇3

メリカの田舎の風景は、どこで撮影しても立派な西部劇になりそうな景色でした。
私自身が大の西部劇ファンだったせいもありますが、最近はそれもほとんど見られなくなり、淋しい限りです。

西部劇2

西部劇6

酔狂なアメリカ人

メリカ横断ウルトラクイズで、アメリカ各地を走り回って楽しいネタを探すロケハンでは、奇妙な物を見つける事があります。
ニューメキシコ州にサンタフェという素敵な街があります。
宮沢りえさんのヘアヌード写真集で一躍有名になったこの街は、メキシコの文化が色濃く反映されていて、アメリカでは芸術の街として知られていて、街のメイン通りはメキシコ風の建物が多く、インディアン系の手芸品なども多く売られていました。
↓サンタフェ

Santa_Fe

Santa_Fe2

サンタフェは広い平原の中に忽然と現れたような街ですが、この街で聞き込んだ話で、近くの畑にピンクのキャデラックがズラリと埋められている場所があるというのです。
がどんな目的でそのような行動に出たのか、理由は解りませんが、何はともあれ実物を確かめようと現地に向かいました。
不確かな記憶ですが、サンタフェから車で2~3時間は走ったように思います。
見渡す限り畑のど真ん中とも言うべき場所に、目的のキャデラックがありました。

かにピンクのキャデラックが10台ほど、立てかけるような形で土の中に埋められていました。
ピンクのキャデラックと言えば、或る時期アメリカでは成功者の象徴のような存在でした。
例えば、あのエルビス・プレスリーが歌手として大成功した時に、大好きだった母親へのプレゼントとしてピンクのキャデラックを贈った話は、当時の若者の間では有名なエピソードとして伝えられています。
その車はプレスリーの豪邸に今でも展示されていますので、多くのプレスリー・ファンにはお馴染みの車と言っても良いでしょう。
しかし、埋められていたキャデラックは誰が何のために埋めたのか、近くに説明の看板でもあるかと思って探したのですが、手懸りはありません。
近くに住宅でもあれば調査もできるのでしょうが、見渡す限りがでその場で働いている農夫らしき人も見当たりません。

キャディラック

通は何かの宣伝のためとか、話題になって取り上げて欲しいとか、芸術的な目的があるとか、何か理由があるとは思ったのですが、私達の限られた日程の中では真実を掴むことが出来ませんでした。
とても面白い光景だとは思ったのですが、この場所をクイズ地にすると言うほどのアイディアも浮かんで来ず、残念ながらロケ地としてはパスとなってしまったのです。
確かその頃、不要の長物を「トマソン現象」と呼んで流行語になっていましたが、まさにアメリカ版のトマソン現象だったのかもしれません。
※トマソン現象は、巨人に元大リーガーの大砲として、期待されて入団したトマソンという選手が、期待外れだったところから、不要の長物としてそのように呼ばれたのです。

膨らんでいく荷物

メリカ横断ウルトラクイズは、毎年1ヶ月近いスケジュールで行なわれます。
飛行機のオーバーエクセスを考えると、費用の節約からスタッフ、出場者共にスーツケースは1人1個と決められています。
の間に改まった服装をするのは、出場者が決勝戦に望む時だけで、スタッフは特別正装の必要は無いのですが、格セクションのチーフともなると、何時どのような場面に出会うかも知れません。
一応ジャケットとネクタイくらいはスーツケースの片隅に寝かせておく必要があります。
年本番は9月の陽気の良い時期だったので、普段はTシャツかトレーナーにGパンといった楽な格好で過ごすので、楽といえば楽なほうだったでしょうね。
しかし、コースによっては寒暖の変化が多いコースに当たる場合があります。
えば、第7回のコースで振り返って見ましょう。
グアム、ハワイは常夏の世界ですからTシャツでOKです。
夕方寒さを感じれば、全員に配布されているお揃いのスタッフジャンパーを羽織れば充分です。
ころが、次のチェックポイントはカナダのバンクーバーになりました。
会場となったのはカナダの森の中で、そろそろ紅葉も始まる季節でした。
常夏のハワイとの気温差は20℃、流石にTシャツだけでは寒いので、トレーナーを羽織ったり、セーターを出す人もいます。
勿論、これらの衣装は、自分のスーツケースから引き出すわけです。
特に女性挑戦者テレビ写りの事も考えますから、組み合わせに苦心する事になってしまいます。
首にバンダナを巻いたり、周囲のお店で帽子を買ったり、それぞれが工夫を凝らすのは別の楽しみだったかもしれません。
ンクーバーが終わって、次は同じカナダのジャスパーに移動しなければなりません。
ジャスパーはカナディアンロッキーの北のリゾート地として知られています。
ハワイが、バンクーバーが、そしてジャスパーは真冬なのです。
何しろクイズ会場は大きな雪上車でなければ行けないような、コロンビア大氷河なんですから、辺りの気温だって当然氷点下です。
↓ハワイ

ハワイ

↓ジャスパー氷河

ジャスパー氷河

たちはロケハンで約3ヶ月前に来ていますので、寒さも経験済みですから、バンクーバーのショッピング・センターで防寒着と厚手の手袋を買っています。
勿論、他のスタッフにも、その情報を流していますので、彼らも寒さ対策はしているのですが、履物までは手が廻りません。
そんな時には番組の予算で長靴を大量に購入して、全員に配布するといった工夫もしました。何故なら個人が長靴など買ってしまっては、スーツケースにしまって運ぶのが大変だから。
その辺の気配りはロケーション・マネージャーの手腕にかかっています。

ジャスパー氷河2

などは、都会と田舎の町では履く靴も変えたり、結構気を使っていたので、毎日スーツケースに荷物を詰め組むのに、苦心賛嘆した物でした。
しかも、行く先々に有名メーカーのアウトレットがあったものですから、軽薄にも新しいシャツやジャンパーを見つけるとすぐに欲しくなって、次々と衣装が増えて、ニューヨークに着いたときには、別便で荷物を送るような馬鹿な真似をしていました。
れでも、当時は外国で品物を買うと、税金だけでなく、日本で買うよりもかなり安く手に入る事が出来たのでした。
何しろウルトラクイズの時代はバブル全盛の時代で、私なども必用以上にブランド物に目移りしていて、若さゆえの流行り病のようなものですかね。

局、スーツケース1つで出発した筈なのに、帰ってくる頃にはそれが2個、3個、と増えていました。